人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

85V型で200万円!高画質技術や音響技術を結集したソニーの8Kブラビア「Z9H」

2020.02.25

ソニーは、「ブラビア」から8Kチューナー内蔵の「Z9H」(型番:KJ-85Z9H)を3月7日に発売する。サイズは85V型で、価格はオープン。市場推定価格は200万円前後(税別)。

「Z9H」は、ソニーのテレビの最高峰モデルの証であるMASTER Seriesにラインナップされる8K液晶テレビ。なお、本製品が、同社が日本国内で販売する初めての8Kテレビとなる。

ソニーの高画質技術を結集したプロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載し、被写体それぞれに対して最適に高精細化する「オブジェクト型超解像」処理で、ノイズを抑えながら細部まで精細感を高め、より現実に近い、究極に迫る高画質を実現。

また、独自のバックライト技術「Backlight Master Drive(バックライト マスタードライブ)」が圧倒的な映像のコントラストを実現するとともに、超解像エンジン「8K X-Reality PRO(エックス リアリティー プロ)」が2Kや4Kのあらゆる映像を、高精細な8K解像度にアップコンバートする。

さらに、音響面では、まるで映像から音が出ているかのようなリアルな視聴体験を可能にする独自の音響技術「Acoustic Multi-Audio」を採用。画面の上下に4つの2ウェイスピーカー(トゥイーターとウーファーで構成)と2つのサブウーファーを搭載し、音の定位感と広がりを向上させている。

映像と音の一体感を家庭のサウンドシステムでも実現できる「センタースピーカーモード」を搭載するほか、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応する。

チューナーはBS8K×2、BS4K・110度CS4K×2、地上×2、BS・110度CS×2を搭載。各チューナーは1基が視聴用、もう1基が録画用となる。

HDMI端子は4系統装備し、「HDMI 4」入力端子は8K 30p 4:2:0 8bitなどに対応。なお、8K 60p 4:2:0 10bitには後日アップデートにて対応予定とのことだ。

スタンドを含む外形寸法とサイズは幅191.3×高さ122.6×奥行き43.2mm/75.8kg。

製品情報
https://www.sony.jp/bravia/products/KJ-Z9H/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。