人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

季節、年齢、居住地は女性の月経周期にどんな影響を及ぼしているのか?

2020.02.23

月経や妊娠について、あなたは正しく理解している自信があるだろうか?

そんな月経や妊娠しやすさに関する質の高い基礎的情報の拡充を目的として、国立成育医療研究センターの分子内分泌研究部・鳴海覚志室長、社会医学研究部・森崎菜穂室長らのグループと株式会社エムティーアイは、2019年5月から女性の健康情報サービス「ルナルナ」のビッグデータ解析を共同研究として行っている。

既存データを用いた第一弾の研究から、日本人女性の月経周期の分布が年齢とともに変化する一方、季節や居住地の影響はほとんど見られないことが明らかになった。

テーマ1:月経周期と季節の関係

一部の野生生物の繁殖には季節性があり、例えばウマは春から夏にだけ繁殖期となる。現代人類は季節の影響をできるだけ受けないように生活しているが、月経周期への季節の影響はあるのだろうか?

これを検証するため、月経周期の季節別集計が行われたところ、春、夏、秋、冬の分布はほぼ完全に一致しており、季節は日本人女性の月経周期にほとんど影響がないことが分かった。

テーマ2:月経周期と居住地の関係

日本の国土は北海道から沖縄県まで南北に長く、地域により気温や日照時間が異なるのが特徴と言える。このような居住地の違いは月経周期へ影響を与えているのだろうか?

これを検証するため、月経周期の居住県別集計が行われたところ、47都道府県の分布には違いは見られず、日本人女性の月経周期は居住地による影響をほとんど受けないことが分かった。

テーマ3:月経周期と年齢の関係

経験的な医学知識として、10代の女性では月経周期が不安定であること、閉経年齢が近づくと月経周期が長くなることが知られていたが、20代、30代における月経周期が一定なのか変化するのかはよく分かっていなかった。

このほど、月経周期のデータが5歳ずつで区切って集計されたところ、これまで着目されてこなかった20代から30代にかけて、月経周期が連続的に変化することが分かった。

具体的には、月経周期の平均値は25歳頃に最も長くなり、その後45歳にかけて約3日間平均値が短くなることが分かった。

日本産科婦人科学会は「正常月経周期」の周期を25日~38日としているが、年代により「正常月経周期」の範囲に含まれる女性の割合が変化することが分かった。

例えば「月経周期40日」は10代後半の女性では決して珍しくはないが、30代後半の女性では比較的まれ。年齢を考慮して月経周期を捉えることを通じて、きめ細かいヘルスケア・医療の提供に役立てられる可能性がある。

出典元:株式会社エムティーアイ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。