人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らない「ながら運転」として処罰の対象となる行為

2020.02.22

昨今問題視される自動車運転中の「ながらスマホ」。よく取りざたされる問題ではあるものの、その詳細や定義をしっかりと理解している人はどれくらいいるのだろうか?

そこで今回、20代から60代以上の自動車の免許を持つ、男性750名を対象に「ながら運転・ながらスマホの定義」についての意識調査が行われた。

「ながら運転」の定義、20代で知っている人はわずか7.3%

2019年12月より、警視庁は「ながら運転」を厳罰化した改正道交法の施行令が施行された。

はじめに、「ながら運転」の定義を正確に知っているかと尋ねるアンケート調査(複数回答可)が行われたところ、正答率が全体で9.6%(下図、点線赤枠の4つだけを選択した回答者数の率)、正答率1位が40代男性で12.7%、最下位は20代男性で7.3%という結果となった。

続いて、上記7つの選択肢が設けられたところ、赤枠の部分を正確に選択できたのは平均で9.6%という低い結果となった。

「厳罰化された法令」は81%が認知

続いて「厳罰化された法令を知っているか」と尋ねる調査が行われたところ、「はい、知っている」と回答したのが81%(611人)、「いいえ、知りません」と答えたのが19%(139人)という結果だった。

「はい」と答えた 20代から60代以上の世代別でみると、認知率は1位が50代(136人)、2位が60代以上(130人)、3位が40代(120人)、以降、30代、20代と続き、年齢層が上がるほど認知度が高い結果となった。

また、「ながら運転をついしてしまった経験はあるか」という問いに対して、「はい、あります」が39%(293人)、「いいえ、ありません」が61%(457人)という結果となった。

「はい」と回答した世代別でみると、1位が50代(74人)、2位が 30代(71人)、3位が40代(53人)、以降、20代、60代以上と続き、60代以上が一番少ない数(44人)だった。

<調査概要>
「ながら運転の定義」意識調査、アンケート結果サマリー
・調査期間:2020年1月10日(金)~1月12日(日)
・年齢構成:20代から60代以上、計750名(各世代 150プロット)
・男性のみ

出典元:モジ株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。