人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4K放送も全録できる最強のレーコーダーが登場!4Kチューナーを2基搭載したパナソニック「全自動ディーガ」の新モデル「DMR-4X1000/4X600」

2020.02.22

パナソニックは、ブルーレイディスクレコーダー「全自動ディーガ」の新製品として、4Kチューナーを内蔵した「DMR-4X1000」と「DMR-4X600」を3月13日に発売する。

価格はオープン。予想実勢価格は10 TB/11チューナー搭載の「DMR-4X1000」が32万円前後(税別)、6TB/7チューナー搭載の「DMR-4X600」が18万円前後(税別)。

「DMR-4X1000/4X600」は、業界で初めて全自動モデルに新4K衛星放送対応チューナーを搭載したブルーレイディスクレコーダー。いずれも新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載し、新4K衛星放送の2番組同時録画に対応する。

また、指定したチャンネルを録り続け、古い番組を順に削除していく「チャンネル録画」が新4K衛星放送にも対応。「DMR-4X1000」ではハイビジョン放送を最大8ch×28日分、新4K衛星放送を1ch×13日分、「DMR-4X600」ではハイビジョン放送を最大4ch×28日分、新4K衛星放送を1ch×7日分、自動で録画することが可能だ。

さらに、同社独自のエンコーダー技術により、「新4K衛星放送」を高精細かつ色彩豊かな映像のまま、長時間録画することが可能。

映像に応じて録画の倍率を8倍から12倍までの間で自動的に調整する「おまかせ長時間録画」にも対応する。

もちろん、録画番組・写真・音楽もディーガにためてスマホで楽しめる「おうちクラウド機能」も搭載。

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)では、新たに音声による番組の予約・検索・再生(スマホ再生・テレビ画面での再生)に対応し、使い勝手も向上している。

本体サイズと重さは「DMR-4X1000」が幅430×高さ66×奥行239mm/約4.3kg、「DMR-4X600」が幅430×高さ60×奥行239mm/約4.2kg。

新4K衛星放送を思いっきり楽しみたい人はぜひチェックしてみよう。

関連情報
https://panasonic.jp/diga/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。