人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

黄色いカッターでおなじみのオルファが作った超便利なアウトドア用小型ナイフ&ノコギリ「WORKS」

2020.02.25

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

黄色いカッターナイフで知られるオルファより、アウトドア向きの新ブランド「OLFA WORKS」が誕生。ナイフ2種とノコギリ1種が発売された。

左より、替刃式ブッシュクラフトナイフBK1(1300円/税別)、替刃式フィールドノコギリFS1(2000円/税別)、替刃式フィールドナイフFK1(1400円/税別)。いずれもオリーブドラブとサンドベージュの2色から選べ、刃は替刃式。折る刃式ではないが、ダイヤルを回してロックを解除すれば、好きな長さに固定できるシステムなのは黄色いカッターナイフと同じ。

フィールドナイフは刃長8.2cm。薄い刃なのでいつものカッターのように使える。波刃なのでツルツルしたロープやペットボトルに刃を当てても滑りづらく、確実に刃が入っていく。

ブッシュクラフトナイフは、フィールドナイフよりも厚い1.2mm。刃長5.3cm。刃の丸い切り込みは、熱々のケトルやクッカーのハンドルに引っかけたり、OD缶に穴を空けてガス抜きをしたりできる。

ブッシュクラフトナイフは押し出す動きが主流なので、刃を出し入れするダイヤルは邪魔にならないよう刃の右側。

ブッシュクラフトナイフの先端は細く、小回りがきくのも特徴だ。こじ開けるようにすれば木に穴をあけることができる。

フィールドノコギリは刃長10.6cm。ノコギリのギザギザをよく見ると、山の両側に刃が付いている(上刃、裏刃)だけでなく、ギザギザの頂点にも刃が付いた「上目」を施している。

針葉樹の薪は難なく切れた。よく乾いた硬い広葉樹の薪は少々苦戦。

フィールドナイフとフィールドノコギリのダイヤルには、内側に板状のワッシャーが入っている。黒い樹脂パーツの切れ目にワッシャーが差し込まれているので落としづらいが、ダイヤルをはずすとワッシャーを紛失してうまく固定できなくなる。

また、写真はないが、ブッシュクラフトナイフの刃の交換はダイヤルをゆるめるだけ。こちらはナイロンワッシャーが付いているので紛失しないよう注意したい。

いずれも刃を伸ばしたり短くしたりできるので、突き刺すような使い方は苦手。また、とくにノコギリは力の弱い人がセットすると刃が途中で動くかも。

ハードな使い方というよりは、焚き火を前に木を削るなど、身の回りの気軽な作業向き。いつも使っているカッターナイフの延長で、木を削り、切るという作業のおもしろさを知るのにちょうどいい道具だ。

【参考】OLFA WORKS https://www.olfa.co.jp/olfaworks/

取材・文/大森弘恵

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。