人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20代、30代既婚者の結婚指輪の着用率は?

2020.02.19

日常生活においての結婚指輪着用率は76.2%

モノよりも、コト消費への賛同が集まる現代。それは「結婚」に対する価値観も同様だ。

Googleトレンドのデータでは挙式・結婚披露宴を行わない「ナシ婚」の検索トレンドが上昇しているものの、一方で「フォトウエディング」の検索量も同様に上昇している。そんな中、キューは未婚男女444名には「指輪に関する意識調査」を実施した。

未婚男女に自身の考えを質問したところ、「肯定派(物ではなく体験に使いたいという考えは良いと思う)」と回答した人は全体の47.1%と、約半数の人が共感する結果となった。

しかし、憧れの結婚指輪。やはり欲しい人は多い。実際に自分が結婚するときは結婚指輪を購入するかと問う質問で、未婚女性の66.1%の人が「購入したい/購入すると思う」と回答した。

コト消費への賛同の一方で、自分の番となれば結婚指輪は欲しいと思う人が多いようだ。理由について一番多かった回答は「結婚指輪に憧れがある」で、30.8%となった。

一方、男性では約半数にあたる44.8%が「購入したい/購入すると思う」と回答し、その理由については「一生に一度なのでせっかくなら購入したい」と、結婚指輪を購入するという“特別な体験”そのものを重要視する傾向が見えた。

結婚指輪に関する意識調査
調査方法:インターネットアンケート
調査実施期間:2019年8月2日〜8月9日
対象地域:全国
対象者:25〜34歳の未婚の男女
回答者数:444名(男性223名、女性221名)

また、20歳〜39歳の既婚男女667名を対象に、結婚指輪の着用頻度に関する質問をしたところ、結婚指輪を「毎日着けっぱなしで生活する」と回答した人は全体の49.1%とほぼ半分の割合となった。次いで多かった回答は「家の中では着けないが、外出時にはほぼ着ける」で、こちらは16.1%となり、毎日の外出時の着用率と考えると全体の65%にのぼる。

「仕事の都合等で着けられないため休日のみの着用」という人も11%おり、日常生活での着用率と考えると、20〜30代の既婚男女の76.2%の人が結婚指輪を着用しているということがわかった。

結婚指輪に関する調査
調査方法:インターネットアンケート
調査実施期間:2019年8月2日〜8月6日
対象地域:全国
対象者:20〜39歳の既婚の男女
回答者数:667名(男性333名、女性334名)

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。