人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

車内ファニチャーを広々とした空間で楽しむ「バンライフ」が面白い!キャンピングカーショーで見つけた注目のバン4選

2020.02.24

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

キャンピングカー=車内でキャンプ場に行き、車内でくつろぎ、車内で眠ることができるクルマのイメージがつきまとう。

そのためか、実際のキャンプで必要のない設備を備え付けて、かえって使いづらいという人も多かった。

2020年1月31日〜2月2日に幕張メッセで行われた「ジャパンキャンピングカーショー2020」では、全ての機能を車内に盛り込むのではなく、時には装備を外に出してゆったりくつろぎ、のびのび眠ることができるモデルが増加。

特にバンコンなど、日常使いしやすいサイズが人気のモデルでは、好きな遊び道具を積んで気軽に出かけ、気に入った場所でゆっくり過ごすという「バンライフ」的な使い方を提案するモデルが人気だった。

ダイレクトカーズ/リトリート 

リトリートは、キャンピングカーのトレンド「アメリカン・バンライフ」をヒントに、“移動する趣味の部屋”をコンセプトに開発。ショーでは2種類を展示していた。

5DOOR(展示車両:434万8200円)。リアの引き出しにツーバーナーをセットする。また、収納スペースにキッチン用品をまとめておけば、引き出すだけで快適なキッチンになる。跳ね上げ式のドアなので、少々雨が降っても大丈夫。

スーパーロング(625万3000円)は運転席のすぐ後ろにバーナーを収納した引き出しがある。対面になる2列目、3列目シートのすぐそばで作業できるのが便利。

レクビィ/ホビクル オーバーランダー・JAOS

JAOSのパーツとアイアンを巧みに使い、武骨感満載のホビクル(展示車両:576万7000円)。

リアに設置しているシンクとテーブルは車外に取り出して使える。キッチンユニットはネジ2本で着脱可能だ。

荷室の左右にレールが通っているので自分好みにカスタムしやすい。

シートはミリタリーを意識したグリーン。極太パイプのアームレストがカッコイイ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。