人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1都14県で花粉シーズン突入、暖冬の影響で早くもピーク期に

2020.02.16

なんだか鼻がムズムズして、目がかゆい……

そんなちょっとした身体の異変により、「もしかして、もう花粉の季節が始まってるのでは?」と思っている人は多いことだろう。

その直感、どうやら正しいようだ。

株式会社ウェザーニューズでは、2月5日までに関東南部から東海、近畿南部、中国、四国、九州北部の1都14県で、花粉観測機「ポールンロボ」によって基準を超える花粉が観測されたことや、ユーザーからの症状報告、今後も飛散が徐々に増える見込みであることを総合して、花粉シーズンに突入したことが発表された。

東京など1都14県で花粉シーズンに突入

2月5日までに東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県、山口県、愛媛県、福岡県、長崎県、大分県、熊本県の1都14県で、花粉観測機「ポールンロボ」によって基準(※1)を超える花粉の飛散が観測されたことや、今後も飛散が徐々に増える見込みであること、ユーザーからの花粉症の症状報告でも“つらい”や“ややつらい”の回答が増加していることを総合して、花粉シーズンに突入したことが発表された。

花粉シーズンの開始時期は関東で概ね平年並となったものの、東海や九州北部などその他の県では平年より5日~10日前後早いシーズン開始となった。

スギの雄花は暖かくなると花粉を飛ばし始める。今冬は寒気の流れ込みが弱く、記録的な暖冬となっている。

1月下旬は低気圧や前線の影響を受けて西・東日本の太平洋側でも曇りや雨、雪のところが多くなったが、1月終わり頃には低気圧が去って太平洋側を中心に気温が上昇、29日には東京都心でも最高気温が4月中旬並の18.6℃まで上がるなど、全国的に平年を上回る暖かさとなった。

その後も平年より気温の高い日が多かったためスギの雄花が開き、東京都内では 2月3日頃から花粉が飛び始め、5日に強い風が吹いたことも影響して、スギ花粉の飛散シーズンに突入したものと考えられる。

※1 基準:花粉観測機「ポールンロボ」の 3割以上が1日10個以上の花粉を観測

飛散開始予想:記録的な暖冬の影響から各地で飛散開始・ピークともに早まる予想

2月6日現在、今季一番の強い寒気が流れ込んでいるが、寒気が去る2月中旬には日本付近に再び暖かい空気が流れ込み、全国的に気温が上昇する予想。

季節外れの暖かさとなり、西・東日本の広範囲で花粉シーズンに入り、既に花粉シーズンに入っている関東地方や東海地方、九州北部などでは本格的な飛散が始まる可能性がある。

またその後、2月下旬にかけて東北地方でも飛散が始まる見込み。暖冬の影響で飛散開始・ピークともに平年より早くなる可能性がある。

なお、シーズン開始前から少しずつ花粉が飛び始めており、2月4~5日に実施された調査では、花粉症の方の半数以上が症状を感じ始めていることが明らかに(※2)。まだ花粉シーズンに入っていない地域の方も、早めの花粉対策がおすすめだ。

※2 調査方法:アプリ「ウェザーニュース」のユーザーに「花粉、感じてる?」と質問し、“花粉症ではない”“感じない”“ちょっと感じる”“けっこう感じる”から選択回答いただきました(調査日:2月4日~5日、回答数:7,094、北海道・沖縄を除く)。

飛散ピーク予想:関東や九州・四国で2月中旬からスギ花粉ピークへ、3月後半からはヒノキ花粉ピーク

花粉シーズンに入った後、1週間から 10日くらいで花粉の飛散が本格化する。2月中旬には、西日本と、北陸を除く東日本の全域でスギ花粉の飛散ピークを迎えるとみている。

北陸や東北でも、2月下旬から3月中旬にかけてスギ花粉の飛散ピークを迎える見込み。

3月後半になるとスギ花粉の飛散は徐々にピークを越えて、西日本からヒノキ花粉の飛散が増えてくる。3月中旬から4月中旬にかけて西・東日本を中心にヒノキ花粉の飛散がピークを迎える見込み。

本州でヒノキ花粉の飛散終了となるのは、例年5月上旬だが、今年は4月いっぱいが目安とみられている。シラカバ花粉が飛散する北海道は、道南・道央ではゴールデンウィーク前後、道北・道東では5月中旬に飛散ピークを迎える予想。

飛散量予想:全国的に少なめ、全国平均で平年比85%、2019年の半分以下の地域も

2020年のスギ・ヒノキの花粉飛散量は、東北の一部で平年を上回る地域があるものの、ほぼ全国的に平年を下回る予想。全国平均では平年の85%程度になるとみられている。

また、2019年と比べても、花粉の飛散量は北日本の一部を除いたほとんどの地域で少なくなる予想で、2019年の半分以下になる地域もある。

ただし、総飛散量が少なくても、一時的・局地的に大量の花粉が飛散することがあるため、油断せずにしっかりと対策を行っていこう。

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。