人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テーブルランプ型にブックシェルフ型も!インテリアに自然となじむIKEA×SONOSのコラボスピーカー「SYMFONISK」

2020.02.17

世界でもっとも有名なホームファニッシングブランドであるスウェーデン発祥のIKEAと、2018年秋に日本の市場に参入したワイヤレスオーディオの先駆者である米国のオーディオメーカー、SONOS(ソノス)。そんな、家具と音楽のエキスパートがタッグを組んだ。

IKEAの家具に関する深い専門知識と、SONOSのサウンドとテクノロジーに関するノウハウを融合し、開発されたWiFiスピーカーシリーズ「SYMFONISK」は、SONOSシステムに統合され、ホームサウンドシステムをより身近なものにする。

今回、日本で発売されるのは、Wi-Fiスピーカー付きテーブルランプとブックシェルフ型Wi-Fiスピーカーの2タイプで、ルックスは至極シンプル、インテリアにすんなり溶け込むサウンドシステムだ。

彼らのコラボレーションの目的は「スペースを節約し、ケーブルを取り除き、乱雑さのない、より美しい方法で家に音と音楽を持ち込むこと」だと、スウェーデン・イケア社 ホームスマート担当ビジネスリーダーのビヨーン・ブロック氏は語る。

しかし、それ以上の価値を提供してくれそうなこのサウンドシステムの真価とは、いったいなんだろうか。

人生のほとんどのシーンにはサウンドがあった方がいい。

お気に入りのサウンドをプラスすると、何気ない日常や動作はまったく違うものになる。

音響には絶大な気分アップ効果があり、ラグやアート作品やソファと同じくらい、空間の雰囲気作りにとって重要だ。

そこでIKEAは、憂鬱な火曜日を明るく変えるような素晴らしい音響を「誰もが暮らしに取り入れられるようにしよう」と考えた。 IKEAは常に自問する、「もっとよい方法はないだろうか」と。そうしてホームファニッシング商品のユニークさを保ち続けてきた彼らだからこそ、インテリアを音で彩るという新スタイルにたどり着いたのだ。

世界一音のいいランプ!?

「SYMFONISK/シンフォニスク Wi-Fiスピーカー付テーブルランプ」は、サウンドに文字通り新たな光を当ててくれる。照明と音響という1台2役のため、煩雑な電源コードもコンセントに挿すプラグも、購入するモノの数も、1つ少なくて済む。生活に身近な2つの機能を一体化することで、スペースの節約までも同時に達成した。

「1つのものから温かな光と音が一緒に出てくる」という意味で、暖炉を参考にしたというこのスピーカーからは、寝室に置きたくなるようなやわらかな光が感じられる。

そして何より、このテーブルランプスピーカーは音量を上げすぎない限り全く悪目立ちせず、すっとお部屋に溶け込むことができる。

ぱっと見、奇抜な形に映るが、落ち着いた色味と必要最低限の装飾で何ともかわいらしく、IKEA家具との親和性も高いだろう。

スピーカー2台でホームシネマサラウンドを実現

SONOS One と同様のパワフルなサウンド性能を持つテーブルランプ型Wi-Fiスピーカー2台をステレオサウンドとしてペアリングし、SONOS Beam、Playbar、またはPlay baseなどのアクセサリーと組み合わせることで、ホームシネマサラウンドを簡単に実現することができる。

(※写真)SONOS Beam

また、同型のスピーカーを2台揃えればステレオサウンドを実現できることに加え、スピーカーをいくつでも接続してマルチルームシステムを構築できる。(SYMFONISK/シンフォニスクのほか既存のSONOS製スピーカーとも組み合わせ可能)ちなみにスピーカーは個別で操作でき、部屋ごとに別の音源を流すことも、家じゅうで同じ音源を流すこともできるとのこと。

【参考】スマートサウンド SONOS One
【参考】SONOS ホームシアターアクセサリー

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。