人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

月に3万円以上稼ぐ人が6割!新しい副業として注目される「副業シッター」

2020.02.14

ベビーシッターや家事代行マッチングなどを行う「キッズライン」に登録する4,000名以上のベビーシッターのうち、アンケート回答者の842名において、9割を超える人が「副業シッター」であることが調査で判明した。月に3万円以上稼ぐ人は約6割近くにも上る。

今回は、新しいビジネスパーソンの副業として注目を集める「副業シッター」の実態に迫る。

キッズライン登録ベビーシッターのうち92.9%が「副業」

キッズラインが、2019年12月~2020年1月にかけて実施した、現在登録しているサポーターへの働き方についてのアンケート調査の結果、回答した842名のうち、92.9%が「副業」としてベビーシッターの仕事をしていることが分かった。

そのうち、保育関連の仕事以外を本業とする人は、56.7%と約6割にも上った。

2019年4月に施行された働き方改革関連法を受け、副業解禁の流れがあり、キッズラインにおける2019年の「副業シッター※」の登録数は、前年と比べて1.4倍に増加したという。

※週2~3回、1回3時間程度の稼働をしているシッターを「副業シッター」と定義。

「副業シッター」はこれまでなかった?

これまで「副業シッター」というのはあまり聞いたことがなかった人も多いのではないだろうか。ここへ来て、キッズラインの副業シッターが注目されている理由は?

「これまでのベビーシッターサービスは、シッター会社がベビーシッターを雇用し、ご利用者のご家庭に派遣する『派遣型』が主流でした。

しかし、従来の派遣型では『人を介する仲介が発生するため料金が高い』『手配に時間がかかる』など、現代のママ・パパの忙しさにフィットしなくなりつつありました。そのような課題解決のために、5年前の2015年2月に生まれたマッチングベビーシッタープラットフォームが『キッズライン』です。

キッズラインに登録するベビーシッターはあくまで『個人事業主』であるため、副業としてはもちろん、本業としても取り組むこともできます。それはシッターそれぞれにおまかせしています。

『派遣型』では、シッター会社に雇用されているという前提のもと、副業としての取り組みにくい背景があったことが想定されます」

約6割弱が月に3万円以上稼ぐ

副業としてキッズラインでシッターを行っている人々は、月にどのくらい稼いでいるのだろうか。

「キッズラインでのだいたいの月収を教えてください」との問いに対して「3万円未満」と回答した人が42.2%と最多、次いで「3~5万円」で26.5%となった。

月に3万円以上稼ぐ人は57.8%と、約6割にも上っている。

また、キッズラインの担当者によると、最高月収20万円以上の副業シッターもいるそうだ。

なぜここまで稼げるのだろうか? 2020年1月現在、キッズラインで働くシッターの平均時給は1,520円と高時給であることも大きな理由といえそうだ。

好きな時間・時給を設定可能

またアンケート調査では、90.7%が「シッターの仕事を始めたことで、生活面・心理面に良い変化があった」と回答。その理由として、「仕事で充足感・満足感を得られるようになった」と回答した人が73.8%、次いで「収入が増えた」と回答した人が49.4%となった。

このように満足度が高いのは「好きな時間でだけ働ける」「好きな時給を設定できる」の2点によるところが大きいのではないかと担当者は話す。

「シッターを依頼される親御様にとって、ニーズが高いのは『平日7:00~10:00』と『16:00以降』の保育園・幼稚園や習い事への送迎時間。こうした送迎サポートを必要とする需要と、シッター自身の本業に出勤する前や退勤後のスキマ時間が合致していることなどが、満足度が高い理由と考えられます。

また、キッズラインでは1,000円以上の時給であれば、シッター自身で時給を設定することができるため、それぞれのスキルに合わせた収入を得やすいことも満足度が高い理由として考えております」

男性の副業シッターは約3%

シッターは主に女性の仕事のイメージがあるが、男性シッターも存在するそうだ。

キッズラインに登録するサポーターは、約3%が男性、約97%が女性。副業シッターの男女比も大きくは変わらないという。

数少ないものの、体力を活かしたり、サッカーやプログラミングなどを教えられることをアピールポイントとしていたりする男性の副業シッターも登録しているそうだ。

今後、男性ビジネスパーソンの副業の選択肢の一つとなる可能性もあるかもしれない。

「派遣型」ではない、副業シッターという新しい形。副業解禁を受け、何かいい副業がないか探していたビジネスパーソンにとって注目の副業の一つと言えそうだ。

【取材協力】
キッズライン
https://kidsline.me/

【出典】
「副業シッター」が前年比1.4倍増。1日2時間だけ保育者に
https://kidsline.me/contents/news_detail/503

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。