人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

挙式・披露宴・パーティーの費用、自己負担額、ご祝儀総額、イマドキの結婚式のお財布事情

2020.02.13

ゼクシィの「結婚トレンド調査」によると、挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.9万円。招待客1人あたりの費用は年々増加し、招待客に対するおもてなし志向が強まっている。

今回は同調査結果を抜粋して紹介しよう。今、結婚を考えている人は必見だ。

結婚式の捉えられ方に変化の兆し

挙式、披露宴・披露パーティに関する費用

披露宴・披露パーティの招待客人数は66.3人で、減少傾向。招待客1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は6.8万円、1人あたりの料理+飲み物費用の合計は19.0千円で、ともに年々増加傾向にある。

ご祝儀総額は224.3万円で、挙式、披露宴・披露パーティにおけるカップルの自己負担額は149.5万円。挙式、披露宴・披露パーティの費用として、親・親族からの援助があった人は72.0%。援助総額は167.8万円となっている。

結婚式の捉え方の変化

結婚式に対する考え方<結婚式は列席者に感謝の気持ちを伝える場だ>と思う割合は93.3%で、2013年調査以降9割以上で推移している。

結婚式に対する考え方<結婚式は人生を振り返り、自分の生き方を再認識する場だ>と思う割合は67.6%で、2015年調査から3.7ポイント増加し、6割以上で推移。特に、妻の年齢が29歳以下は、30歳以上を上回り、約7割を占める。

準備から当日を通じて親が嬉しそうにしていたこと

結婚式の準備から当日を通じて親がうれしそうにしていたことにおいて、2013年調査から増加した項目は、「当日に向けて、自分がきれいになっていく姿を見せることができたこと」(5.2ポイント増)、「社会人として成長した自分を見てもらえたこと」(4.5ポイント増)など。

一方、減少した項目は、「引出物を一緒に考え、選んだこと」(8.8ポイント減)、「ドレス・衣裳を親と一緒に選んだこと」(8.5ポイント減)などが挙がった。

調査票発送数:16770件
調査票回収数: 5305件
回収率: 31.6%

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。