人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イマドキの会社員がスキルアップのために学んでいること

2020.02.25

社会人にとって「スキルアップ」は労働市場価値を上げるために必要不可欠だ。

仕事に関するスキルを学べば、仕事の幅が広がり会社で評価される。また、難易度の高い資格を取得していれば、転職活動でスキルを証明するための材料になる。

それでは、今の社会人はスキルアップのために何を学んでいるのか?

”スキルアップのために何もしていない人”は50%

今回、退職の前に読むサイト編集部は社会人を対象に「スキルアップのために何かしていますか?」とアンケート調査を実施した。調査の結果は下記の通りだ。

特に何もしていない:49%

特に何もしていないと回答した人が最も多く、全体の49%。多くの社会人がスキルアップのために何もしていない理由として、仕事やプライベートが忙しい、勉強の必要性を感じない、何を勉強すればいいかわからない、などが考えられる。しかし、ビジネスで活躍することを考えている人にとって、スキルアップは必要不可欠だ。

資格を取得する:28%

資格の勉強と回答した人は28%。資格を所持していることは、スキルがあることの証明になる。仕事で活かせる資格を取得すれば、勤務中の会社や転職活動で評価される。会社によっては、資格を所持していると資格手当として、毎月の給料に上乗せされることもあるので、資格の取得は有効なスキルアップと言えるだろう。

外部セミナーに通う:5%

外部セミナーに通うと回答した人は、最も少なく5%。外部セミナーは有料であったり、セミナーが本当に自分自身に役立つかが参加前には分かりづらいため、このような結果になったと考えられる。

外部セミナーに参加する意味としては、社外で学ぶことによって最新の情報が得ることができたり、人脈が広がったりすることが挙げられる。社内研修がマンネリ化していると感じている人は、外部セミナーに参加するのがいいかもしれない。

ビジネス本を読む:17%

ビジネス本を読むと回答した人は、全体の17%。ビジネス本はスキルアップをしたいが、それほど費用はかけられないという人におすすめだ。学べる範囲が広いので自分に合ったスキルを選ぶことができるのも魅力的だろう。

仕事に関する意識調査
調査日   :2019年10月18日 〜2019年10月25日
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :205名
調査対象 :社会人

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。