人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JALとアエロフロート・ロシア航空が羽田~モスクワ路線など10路線でコードシェアを開始

2020.02.12

日本航空(「JL」)とアエロフロート・ロシア航空(「SU」)は、 2020年3月29日よりコードシェア提携を開始する。 航空券は、 3月上旬より販売を開始する予定。

JLとSUは、 双方が新たにデイリー運航を行なう、 羽田=モスクワ(シェレメチェボ)路線、 および接続する両国内10路線においてコードシェアを実施。

JLはSUの運航するモスクワ発着のサンクトペテルブルク、 カザン、 エカテリンブルグなどの主要都市へ、 SUはJLの運航する羽田発着の札幌、 大阪、 福岡などの主要都市へコードシェアを行なう。

さらに、 SUが2020年6月より新規就航を予定している関西=モスクワ(シェレメチェボ)路線でのコードシェアをはじめ、 両社は今後さらに提携ネットワークの拡大を進めるという。

SUは、 1967年よりモスクワ=東京線のデイリー運航を行なっており、 成長著しいアジア・ヨーロッパ・北米市場を結ぶリーディングエアラインとしての役割を担ってきた。

拠点のモスクワ・シェレメチェボ空港を中心とするスムースな乗り継ぎや、 アジアからの渡航者に向けた機内食や高品質な機内サービスを提供している。

JLも、 1967年より東京=モスクワ線運航を開始し、 ロシアへ就航する唯一の日本のエアラインとして、 50年以上運航を続けきた。

今回、 JLとSUは、 相互にコードシェア提携を行なうことで、 利便性向上を一層図ると同時に、 日本とロシア間のさらなる交流活発化に取り組むという。

【コードシェア路線】

関連情報:http://www.jal.com/ja/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。