人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クラシカルな外観がカッコいい!Pro-Jectの本格アナログレコードプレイヤー「The Classic EVO」

2020.02.12

Pro-Jectのスタンダード・モデルとなっていたThe Classicが、大幅にグレードアップ。ハイエンド・アナログ・エクスぺリエンスを十二分に堪能できる本格派アナログレコード・プレイヤー『The Classic EVO』 として登場した。

定評のあるオリジナルのサブシャーシー構造と、往年の70年代レコード・プレイヤーへのオマージュであるクラシカルな外観はそのままに、その要となるトーンアームやサブプラッター等に大きな改良を施した。

ハイエンド・アナログ・エクスぺリエンスを堪能できる『The Classic EVO』

もっとも大きな改良点はサブプラッター。従来の樹脂製のサブプラッターは、アルミ削り出しで精密に成型された重量級のサブプラッターに変更された。この変更は、本機のサウンドクオリティの向上に最も大きな役割を果たしている。

また、より良い快適な操作性のため、電子切替スイッチによる回転速度変更が可能になった。(ベルトの掛替により、78回転にも対応)

そしてサブシャーシーそのものも、さらに固く重量のある素材に変更されている。トーンアームベースとセンタースピンドルの軸受は、このサブシャーシーにマウントされており、モーターがマウントされたメイン・シャーシーから、6点のTPEダンピングボールによって完全に分離されている。その結果、外部やモーターからの余計な振動で、プラッターとアームが共振することを防ぐ。

多くの古いアナログ・プレイヤーの一番大きな欠点はプラッターにあった。従来の押し出し成型されたプラッターは、適度な重量を備えさえすれば、速度の安定性とワウフラッターを低く抑えることができるが、リンギング(振動)にはとても弱いものだった。

The Classic Evoのプラッターは、大きな特殊なダンピング効果のあるTPE 処理が施された特殊なアルミニウム合金を正確に機械加工して製造され、安定性を維持しながら、共振にも強い設計になっている。また、それに削り出しのサブプラッターを加えることで、大きな進化を実現しました。超精密加工されたサブプラッターはベアリングノイズとランブルを大幅に低減する。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。