人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

増える男性の育休取得、多く聞かれる感想は「良好な夫婦関係」「子育て経験の共有と理解」

2020.02.11

先日話題を呼んだ、小泉進次郎環境相の育休取得宣言。影響力の大きい小泉大臣がこのように公言したたことで、男性が育休を取得しやすい社会環境づくりの一助になるのではと、希望的見方もされている。

そんな、注目を集める男性の育休取得についてこのほど、ベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」会員のワーママ・ワーパパ51名を対象にしたアンケート調査が実施された。

男性育休、ワーママ・ワーパパは賛成9割。41%が取得経験あり

「”男性育休”についてどう思うか」と尋ねる調査が行われたところ、78.6%が「賛成」、17.6%が「やや賛成」と賛成派が9割を超える結果となった。

また、ご自身およびパートナーが「男性育休」を取得したかどうか質問が投げかけられたところ、13.7%が「1週間以上の育休」を取得していることが判明。「数日は休んだ」の回答を含めると、41.2%が出産時に合わせて休暇を取得していることがわかった。

男性育休の意義は取得後の「良好な夫婦関係」と「育児理解」

「男性育休の意義」について尋ねる調査が行われたところ、最も多い回答は「パートナーの心身のケアを通じ、その後の夫婦関係が良好になる」(88.2%)、僅差で「出産直後の子育て経験を共有でき、その後の育児理解につながる」(84.3%)という結果となった。

厚生労働省によると、勤労者世帯の過半数が共働き世帯となる中、女性だけでなく男性も子育てができ、親子で過ごす時間を持つことの環境づくりが求められる現状が明らかにされている。

そうした中、「育児休業」の役割として、産後の子宮が元の大きさに戻るのに要する約8週間をサポートするため、妻の産後8週間以内の期間に父親が育児休業を取得した場合、特別な事情がなくても申出により再度の育児休業取得が可能になる「パパ休暇」などの制度も育児・介護休業法で定められている。

実際に、パートナーが1ヶ月間の育休を取得された方の回答の中には、

・第一子で初の育児だったので、新生児の間は夫婦ふたりで育児してちょうどよいくらいだったと思います。夫は育休期間に料理ができるようになり、共働きの現在も分担体制ができています・

といった声が上がり、産後の男性育休取得は母親の精神面やその後の夫婦のパートナーシップにおいて良好な影響をもたらすことがわかった。

理想は「男性」に限定しない育休取得。働き方、職場の理解を求める声

その他「男性の育休取得」について、下記のようなコメントや意見が寄せられた。

・育児休暇だけでなく、介護も含めて、夫婦で助け合い、企業や社会が休むことについて、お互い様だと受け入れてくれる文化が日本で根付いて欲しい。

・どのような立場でも、平等に取得できるような環境作りをして欲しい。育休を取った方の実際の日常がすぐに誰の目にも届くようなシステムがあると、"育休を取るってこんな感じ“が見えてわかりやすいのでは。

・今後、「男性の」と言わないくらいの育休取得となればと思います。また、育休取得時は、ぜひ家族で育児に臨んでほしいので、企業内での出産前後の座談会開催など、パパとして育休時期をどう取り組んでいくのかを上司部下同期で話し会える機会があるともっといいと思いました。

賛成派が9割を超える現状と、実際の取得率のギャップを埋めるため、職場や周囲の環境改善を求める声が多く集まる結果となった。

<調査概要>
・調査期間:2020年1月15日(水)
・調査対象:キッズライン会員51名(女性:45名、男性:6名)
年齢:20代 3名(5.9%)、30代 23名(45.0%)、40代 25名(49.0%)
就労状況:正社員・契約社員 36名(70.5%)、アルバイト・パート 3名(5.9%)、自営業・フリーランス 8名(15.6%)、産休・育休中 3名(5.9%)、経営者・役員 1名(1.9%)
・調査方法:インターネット調査

出典元:株式会社キッズライン
https://kidsline.me/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。