人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

朝の時間を豊かに過ごそう!おいしいサンドイッチが食べられる「朝外食」のおすすめ店5選

2020.02.11

毎朝、朝食はどこで食べているだろうか? 今、朝食を自宅以外で食べる「朝外食」派もいるという。朝外食をする理由は? 自宅で食べるのとの違いは? 実態を探るべく、複数のアンケート調査を紹介する。また、ホットペッパーグルメ外食総研がおすすめのサンドイッチが食べられる朝外食店も合わせてチェックしておこう。

平日の朝外食派はどのくらい?

そもそも、現代ビジネスパーソンはどこで朝食を摂ることが多いのだろうか?

市場調査メディア ホノテが2017年11月に首都圏・中部圏・近畿圏の3地域を対象に実施した働く大人の朝食事情の調査によれば、「朝食を食べる場所」は勤務日・休日共に「自宅」で食べる方が最も多い結果に。勤務日については91.2%が自宅で食べていた。

2番目に多かったのは、勤務日は「職場」で12.4%、「通勤途中」は4.2%、「ファストフード店」は3.8%、「カフェ・喫茶店」で3.3%となっていた。

まだまだ自宅が多いようだが、外食派も少数ながらいるようだ。

また、ホットペッパーグルメ外食総研が2019年10月、全国に住む20歳~59歳の男女を対象に実施した“外食店での朝食”=「朝外食」に関する調査で、「平日に朝外食をする」と答えたのは全体の37.3%となった。そのうち約3割が「週2日以下」。

朝外食派は、たまに朝食を外食でとっているといった状況のようだ。

上席研究員の有木真理さんは、今後、朝外食は広がっていくのではないかと予想する。その背景には、子育て女性の就業率向上などにより、自宅での朝の持ち時間が減る傾向にあることや、外食店が朝のマーケットを白地と捉えており、朝食を提供するお店が少しずつ増えていることなどがあるという。

平日の「朝外食」の魅力とは?

この朝外食、どんな魅力があるのだろうか?

ホットペッパーグルメ外食総研の調査で、平日に「朝外食」の魅力を聞いたところ、次の結果となった。

【朝外食の魅力トップ5】
1位「手間がかからない」55.3%
2位「非日常的な気分になれる、気分転換」50.1%
3位「家で食べるよりもおいしい」30.9%
4位「一日のスイッチを入れることができる」18.2%
5位「栄養をしっかり摂ることができる」12.5%

●朝外食が「おいしい」理由

「手間がかからない」「非日常・気分転換」などは、共感できる人も多いのではないだろうか。一方で、3位の「家で食べるよりもおいしい」というのはどういうことなのか。有木さんに聞いてみた。

「忙しい朝は、自宅で食べる場合、どうしても簡単なメニューになりがちです。味よりも準備の簡単さが重視されがちな自宅での朝食に比べ、例えばトースト、おにぎりだけの単品だけではなく、手の込んだ料理が楽しめたり、バランスのよい食事が楽しめたりするのが『朝外食』の醍醐味です。また非日常的な空間、自宅やオフィス以外で食事を楽しむことで、よりおいしく感じられるのではないかと想像します」

朝外食におすすめのサンドイッチ店5選

またホットペッパーグルメ外食総研では、朝外食で食べたいメニューのトップが、男女ともに「サンドイッチ」だった。

そこで有木さんに、最近おすすめの朝外食できるサンドイッチ店を挙げてもらった。

1.eggslut 新宿サザンテラス店(東京都・渋谷区)

OPEN:7:30~

LAのセレブに愛された朝食の超人気卵料理専門店の日本一号店が、新宿サザンテラスに2019年9月にオープン。「フェアファックスサンド」はとろけるようなスクランブルエッグが自家製のブリオッシュのパンで挟まれている。

2.Tokyo Kenkyo(トウキョウケンキョ)(東京都・渋谷区)

OPEN:8:00~

最寄り駅は神泉駅。落ち着いたカフェでのんびり朝食をとることができそうだ。注目は、モッツァレラチーズが中からとろけだす極厚のヒレカツサンド。

3.果実園リーベル 新宿店(東京都・渋谷区)

OPEN:7:30~

パフェやパンケーキなどが楽しめるこのお店では、モーニングも提供されている。新宿店ではフリードリンク付きで、フルーツがぎっしり詰まったフルーツサンドのセットが880円(税抜)で楽しめる。

4.喫茶パオーン(東京都・世田谷区)

OPEN:9:00~

小田急電鉄小田原線・千歳船橋駅から徒歩1分の場所に、2019年11月にオープン。断面がきれいでかわいらしいサイズのフルーツサンドがいただける。

5.はまの屋パーラー 渋谷パルコ店(東京都・渋谷区)

OPEN:9:00~

日比谷で人気の準喫茶、はまのやパーラーが渋谷PARCO内にオープン。名物は玉子サンドゥイッチ。懐かしい喫茶メニューもそろう。こだわりのはまの屋ブレンドを飲みながらしっとりといただきたい。

朝食の手間を感じる、気分転換をはかりたい、おいしいものが食べたい、などと感じたら、こうした魅力的な店で朝外食を楽しむのもよさそうだ。

【取材協力】

有木 真理さん
「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員
リクルートライフスタイル沖縄の代表を務めると共に、ホットペッパーグルメ外食総研の上席研究員として、食のトレンドや食文化の発信により、外食文化の醸成や更なる外食機会の創出を目指す。自身の年間外食回数300日以上。ジャンルは立ち飲み~高級店まで多岐にわたる。趣味はトライアスロン。胃腸の強さがうりで1日5食くらいは平気で食べることができる。
https://www.hotpepper.jp/ggs/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。