人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

圏外でもメッセージを送受信できる双方向衛星通信機能を搭載したガーミンのハンディGPS「GPSMAP 66i」

2020.02.10

ガーミンジャパンは、ハンディGPSの新製品として、双方向衛星通信機能を搭載した「GPSMAP 66i(ジーピーエスマップ66アイ)」を発売した。価格は89,800円(税別)。

「GPSMAP」は、クアッドヘリックスアンテナを装備し、安定したGPS受信性能を持つハンディGPSの最高峰シリーズ。

今回発売となる「GPSMAP 66i」は、これまでの機能を継承しつつ、新機能として、同社ハンディGPS「inReach」シリーズに搭載していたイリジウムの衛星ネットワークを利用した双方向衛星通信機能を搭載。

世界中をカバーしているイリジウム衛星ネットワークを利用し、地球上どの地域からもテキストメッセージを送受信することが可能なので、山間部など、携帯電話網のカバーエリア外でも問題なく利用することができるのだ。

また、緊急を要する場合には、24時間365日対応可能な国際的な救助組織GEOSに対し、その場所の位置情報と共に緊急メッセージを送ることが可能。遭難が確認された場合には、民間救助組織と連携して遭難救助活動が開始されるという。

さらに、双方向衛星通信機能以外にも、従来モデルの「GPSMAP64scJ」に比べ、受信対応衛星にGalileoを加え、GPS/GLONASS/みちびき(補完信号)の4つの衛星に対応。メモリも従来の8GBから16GBに増強されている。

稼働時間は通常使用時で最大35時間、エクスペディションモードで最大200時間。防水性能はIPX7。本体サイズはH16.3×W6.6×D3.5cm、重量は241g(電池込み)。なお、双方向衛星通信機能の利用には別途衛星通信契約が必要となる。

そのほか、「GPSMAP」シリーズから「GPSMAP 64csx」、スタンダードモデル「eTrexシリーズ」から「eTrex 32x」と「eTrex 22x」も同時発売。

いずれも、双方向衛星通信機能は非搭載で、価格は「GPSMAP 64csx」が74,800円(税別)、「eTrex 32x」が59,800円(税別)、「eTrex 22x」が44,800円(税別)となる。

「GPSMAP 64csx」

「eTrex 32x」

「eTrex 22x」

製品情報
https://www.garmin.co.jp/products/outdoor/gpsmap-66i/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。