人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

業界にショータイムを!掛川産100%の茶葉粉末が入った新発想の「チャバコ」に込められた想い

2020.02.10

■茂木雅世のお茶でchill out!

「何これ!面白い」「見せて~」

ある日、打ち合わせにお茶を持っていくとワラワラと人が集まってきました。

普段はあまりお茶に興味を示さない人もなぜかそのお茶には興味津々で「飲んでみたい!!」なんて言うもので、すっかりいい気分になって、「こんなに一気に飲めないよ…」と言われる程、作り過ぎたこともありました(笑)

そのお茶がこちら

「チャバコ」です

パッと見ただけでは完全に「タバコ」

しかし良~く見てみると、それがシャレの利いたお茶だということがわかります。

タバコのような自動販売機で購入することも出来て、その面白さ・斬新さから2018年の発売以来、SNSでも度々話題になっています。

しかしこの「チャバコ」

ただ、“面白いお茶”“かわいいお茶”というだけではないのです。

「あの世代がお茶を駄目にしたよね」と将来言われたくないから

チャバコを企画、販売しているのは静岡県掛川にある「ショータイム」という会社。

社屋の1階部分にはお茶を飲んだり、子供たちがフラッと遊びに行けるたまり場ならぬ“ちゃまり場”があるそうで、至るところにユーモアを感じます。

代表の森川翔太さんは地元出身ですが、もともとは出版・広告の仕事をしており、まさか自分がお茶の仕事をするとは夢にも思っていなかったそう。

きっかけとなったのはアメリカを訪れた時。

海外の方達に日本茶を振る舞うと驚く程、喜びんでくれたのだとか。

お茶があるだけで、言葉の壁は取り除かれ、その場が笑顔になるんだな。

心を動かされた森川さんは地元に戻り、お茶農家さんにそんな話をしたそうです。

しかし、聞かされたのは真逆ともいえる言葉でした。

「後継者がいない」
「お茶だけ作っていても生活が厳しい」
「ゆゆしき事態」

自分が海外で受けたイメージとはあまりに違い、驚いたと同時に、何か出来ることがあるのではないかと思った森川さん。

面白いと感じてもらえたり、思わず笑顔になるお茶を…と考え、生まれたのが「チャバコ」でした。

思えば「クスッと笑えるお茶」「思わず誰かに話したくなるお茶」って、今まであまりなかったような。

また、個人的に「いいなあ!」と思ったのは、中身のお茶に関しても、こだわりを感じられるところ。

世界農業遺産に認定されている伝統農法「茶草場農法」で作られた掛川産100%のお茶の葉を粉末状にしたものが、8スティック入っています。

お湯でもお水でも簡単に溶かしてお茶が作れるうえ、“ちゃんとおいしいお茶”なので毎日飲んでもいい!と感じるクオリティです。

8gで500円は高い?安い?

今まで、100g単位などで販売されることが多かったお茶。

チャバコは…というと、1箱に粉末状になったお茶1gが8本入って500円で販売されています。(オンラインショップでの販売価格は630円)

正直、お茶に携わっている人にとっては、あり得ないと感じる価格かもしれません。

しかし、実際に商品を買った人にとっては「安い」とさえ感じる不思議。

これこそが、このチャバコの凄い所なのではないかと思います。

実際、粉末茶1gをお水に溶かせば、「ペットボトルのお茶8本分」になるわけで、それで500円と考えたら、個人的にはとてもお得だと感じます。

しかも、茶草場農法で作られている超こだわりのお茶ですからね。

チャバコは“面白いお茶”というだけではなく、販売額が安くなり、生産者さん達に支払われる金額が減っているという深刻な問題を「楽しいアイデア」で解消してくれるヒーローなのかもしれません。

お茶業界に新たな見せ場=ショータイムを創りたい

「今後は掛川だけでなく、他の茶産地でもこの“チャバコ”を販売していきたい。

チャバコを茶葉への興味の入り口として急須で淹れるお茶や茶葉に興味を持ってくれる人が増えてくれたらと思っています。

産地同士で競うというより、この厳しい状況の中で、共に闘っている仲間として一緒にお茶業界を盛り上げていきたいんです」

森川さんの言葉がとても心強く感じました。

良い意味で肩の力を抜いて、少し離れたところから問題を眺め生まれたアイデアは、業界に新たな風を吹かせてくれるかもしれません。

文/茂木雅世(もき まさよ)

お茶好きが高じて、2009年仕事を辞めてお茶の世界へ。2010年よりギャラリーやお店にて急須で淹れるお茶をふるまい始め、現在はお茶にまつわるモノ・コトの企画・商品プロデュース・コラム執筆やメディア出演などの活動を行っている。
ゆるっとお茶を楽しもうが合言葉の“ゆる煎茶部”代表。
FMyokohama「NIPPON CHA茶CHA」では最新のお茶情報を毎週発信中。
煎茶道 東阿部流師範/日本茶アーティスト/ティーエッセイスト
オフィシャルサイト:https://ocharock.amebaownd.com/
Twitter:https://twitter.com/ocharock

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。