人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新成人が期待する2020年の有名新成人TOP3、3位清宮幸太郎、2位上白石萌歌、1位は?

2020.02.06

今年から晴れて大人への仲間入りを果たした2020年の新成人たち。彼らは将来に対してどのような夢を持ち、また、どんなことに関心があるのだろうか?

そんな「2020年 新成人」に関する調査がこのほど、新成人500名を対象にして行われたので、その結果を紹介していきたい。

なおこの調査は2008年から開始され、今回で13年目の定点調査となる。

「日本の未来は明るい」31%。昨年より6ポイントダウン

今年の新成人は、日本の未来の明暗についてどのように予想しているのだろうか。

日本の未来は明るいと思う人は、「明るいと思う(2%)」と「どちらかといえば、明るいと思う(29%)」を合計し31%で、昨年よりも6ポイント減となった。

明るいと思う人の割合を過去の調査データで振り返ると、2014年に大きな上昇の山、そして2019年に小さな上昇の山が見られる。

2つの年の共通点として、“消費税率の引き上げ”が挙げられる。2014年は4月に実施された8%増税前の調査で、前年よりも22ポイントと大きく上昇し翌年に下降、2019年は10月に実施された10%増税前の調査で、徐々に復調していたスコアが今年下降した。

明るいと思う理由は、「オリンピック」「景気回復」「平和」、一方暗いと思う理由は?

日本の未来の明暗について、それぞれの回答理由を自由回答で尋寝る調査が行われた。多く挙げられた回答についてキーワードをピックアップすると、明るいと思う理由は「オリンピック」、「景気回復」、「平和」、「働き方改革」、「多様性の受容」など。

一方、暗いと思う理由では「少子高齢化」、「年金問題」、「政治家の不祥事」、「外交問題」、「オリンピック後の景気後退」、「災害」などが挙げられた。

国民年金制度を「信頼できる」36%。「信頼できない」は64%で、「受給」に対する不安・不満が多数

国民年金制度に対する信頼度はどの程度かみていこう。

信頼できるという人は、「信頼できる(3%)」と「どちらかといえば、信頼できる(33%)」を合計し36%で、昨年まで上昇傾向にあったが、今年は6ポイント減となった。

「信頼できない」という人の方が引き続き多数派であることは変わらず、その理由としては、「金額が減る・貰えない」といった受給に対する不安・不満が圧倒的で、「老後2,000万円問題」を理由に挙げる人も見られた。

グローバル化への意識が向上。6割が「国内で外国人と働くこと」に関心あり、「英語で仕事」も5割

近年の社会潮流とオリンピックの東京開催も相まって、グローバル化の波が激しく押し寄せているが、新成人は、外国語や外国人との仕事についてどのような意識を持っているのだろうか。

「外国語習得」に関心がある人は67%、「仕事で英語を使うこと」に関心がある人は49%で、いずれも年々増加している。また、「外国人と日本国内で働くこと」に関心がある人も58%で、新成人の半数以上が該当した。

これらを裏付けるかのように、「英語に不安がある」という人は年々減少している。このように、外国語(英語)、外国人とのコミュニケーションに関心を持つ人は年々増加し、グローバル化への意識は向上している。

※「外国語習得」・「仕事で英語を使うこと」・「外国人と日本国内で働くこと」は、いずれも「関心がある」と「やや関心がある」の合計。また、「英語に不安がある」は、「あてはまる」と「ややあてはまる」の合計

所有率1位のデジタル端末は「iPhone」で69%

新成人のデジタル端末の所有状況において特徴的な点を見ていこう。

今年、新成人が所有するデジタル端末の1位は「iPhone」で69%だった。2013年から所有率が上昇し続けている。スマートフォンの観点で見ると、2016年に「iPhone」と「Android」が逆転し、以降その差は年々広がっている。また、「iPhone」以外のデジタル端末の所有率は、おおむね下降傾向にある。

SNS利用率、「Instagram」が躍進し4年で2.7倍に

新成人のSNSの利用率は、1位が「LINE」で96%、2位は「Twitter」80%、3位は「Instagram」67%で、昨年の順位と変動はなかった。

上昇率でダントツなのは3位の「Instagram」。2016年と比較すると、4年で2.7倍まで利用が進んだ。なお、2018年の流行語大賞にノミネートされた「TikTok」は12%で、昨年とほぼ横ばい。

活躍を期待する2020年新成人ランキング! 1位「永野芽郁」、2位「上白石萌歌」、3位 「清宮幸太郎」

最後に、活躍を期待する2020年新成人ランキングを紹介していく。2020年1月に成人式を迎える同い年の著名人のうち、今後の活躍を期待・応援している人を尋ねる調査が行われた。ここではトップ5を発表する。

1位は女優・モデルの「永野芽郁」で38%、2位は女優の「上白石萌歌」で24%、3位はプロ野球選手の「清宮幸太郎」で21%だった。(3位~5位は以下の表の通り)

※HoNote編集部にて選定した29名の著名人を選択肢として用意。今後の活躍を期待・応援する人を複数回答で聴取

活躍を期待する2020年新成人ランキング トップ5

ベース:新成人(n=500)/複数回答

1位 永野芽郁/女優・モデル(37.6%)
2位 上白石萌歌/女優(24.0%)
3位 清宮幸太郎/プロ野球選手(北海道日本ハムファイターズ)(20.6%)
4位 山下美月/アイドル(乃木坂46)(14.8%)
5位 高橋海人/アイドル(King & Prince)(14.0%)
5位 マリウス葉/アイドル(Sexy Zone)(14.0%)

※株式会社マクロミル調べ

<調査概要 「2020年 新成人に関する調査」>
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:2020年(令和2年)1月に開催される成人式の対象者(マクロミルモニタ会員)
割付方法:男性250サンプル、女性250サンプル(合計500サンプル)
調査期間:2019年12月16日(月)~2019年12月17日(火)

※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記されている。
※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合がある。

出典元:株式会社マクロミル

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。