人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

売れ残った大量の恵方巻、何割引なら買ってもいい?

2020.02.04

いつの間にか2月の風物詩となっている恵方巻。多くの家庭で食べられるようになった一方で、近年は、節分を過ぎて売れ残った恵方巻の大量廃棄が問題になったりもしている。

そんな恵方巻についてこのほど、ライフプラン相談、保険相談サービス「ほけんROOM」により、1031名を対象にしたアンケート調査が実施された。

昨年、恵方巻を食べた人は71.5%!

はじめに「去年恵方巻を食べたか」と尋ねる調査が行われたところ、「食べた」が71.5%で最多に。恵方巻を食べる文化はすっかり浸透しているようだ。

続いて、「去年、恵方巻はどこで買ったか」と尋ねる調査では、「スーパー」が過半数を占めた。以降、「家で作った」「コンビニ」と続く。

また、「今年、恵方巻は食べる予定はあるか」と尋ねる調査が行われたところ、「当日に買う」が50.7%でもっとも多かった。一方、「予約する」は10.9%にとどまった。このことから、多くの人にとって恵方巻は「売っていれば買う」程度のものであり、マストで食べたいものではないのかもしれない。

恵方巻の大量廃棄、知っている人は65.0%

「恵方巻の大量廃棄によるフードロス問題を知っているか」と尋ねる調査が行われたところ、「知っている」が65.0%と最多に。多くの人が売れ残った恵方巻が捨てられている事実を理解していた。

そして、大量に売れ残ることが問題となっている恵方巻について、節分をすぎた後、何割引であれば購入するのか尋ねる調査が行われた。

結果、「5割引き」が35%でもっとも多かった。半額なら買っても良いというニーズは多いようだ。一方で、「無料でもいらない」は15%だった。なお、「無料でもいらない」という回答を抜いた際の平均値は、53.97%引だった。

【調査概要:恵方巻と食品ロスに関する意識調査】
▪️調査日程 :2020年1月20日〜2020年1月21日
▪️調査方法 :インターネット
▪️調査人数 :1031名

出典元:株式会社Wizleap

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。