人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「令和の家電 三種の神器」と聞いて思い浮かぶもの、4K/8Kテレビ、冷蔵庫、もう1つは?

2020.02.03

元祖・家電三種の神器といえば、1950年代後半に普及した「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」。その後、60年代半ばには、カラーテレビ・クーラー・カー〈自家用車〉の3Cが、新・三種の神器と呼ばれた。

そこからさらに半世紀以上が経過した今、三種の神器とはいったい何を指すのだろうか?

そんな「令和の家電 三種の神器」を含む、「家電のトレンドや需要とテレビの使用」に関する調査がこのほど行われたので、その結果を紹介していきたい。

なお本調査は、パナソニック株式会社により、20代~60代の男女600名を対象にして実施された。

令和の家電 三種の神器」4K/8Kテレビがどの世代でもトップに!

家電における三種の神器は「豊かさや憧れの象徴」として、その言葉が用いられているが、「令和の家電 三種の神器」と聞いて思い浮かぶものをあげてもらう設問が設けられたところ、「テレビ(4K/8K)」「冷蔵庫」「ロボット掃除機」の3つが選ばれた。

トップに挙がったものは、「4K/8Kテレビ」で、全世代で1位にランクインし、2位と約10%近い差がつく結果となった。

2018年12月より「新4K8K衛星放送」が開始されたことで、2019年は本格的にさまざまな4K8Kコンテンツを楽しめるようになってきた。

また、2019年はスポーツの国際大会も多く開催されており、お家でスポーツ観戦を高画質で楽しみたいという需要の高まりが、憧れの家電として挙げられたのではないだろうか。

2位は「冷蔵庫」36.7%という結果に。冷蔵庫は食生活を支える生活必需品だが、近年の共働き世帯の増加に伴い、まとめ買いやホームフリージング、作り置き保存が増え、大容量で鮮度よく保存できる最新機能を搭載する機種への高い関心や、冷蔵庫がキッチン空間において存在感のあるものだけにデザイン性の高い機種への憧れもあると考えられる。

3位は「ロボット掃除機」26.7%で、共働きの世帯が増えていることで、日中留守の間に掃除を済ませたい、という需要の現れかもしれない。

4K/8Kテレビ・ロボット掃除機・スマートスピーカーなど話題の最新家電の普及はこれから!?

「家庭で所有する家電」に関する設問において、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機などが上位に位置している。

しかし、4K8K放送が開始し、ニュースなどでも話題になっている4K/8Kテレビや、いまでは各社からさまざまな種類が発売されているロボット掃除機など、最新家電というポイントでみると、現時点の所有率は他の家電と比べると高くないことが明らかになった。

さらに、最近話題のスマートスピーカーについても所有している人は8%しかおらず、認知は広まってきているものの、所有という観点でいうと、これからということになりそうだ。

今後購入したい家電は4K/8Kテレビ!

「最近、購入を検討している家電」に関して尋ねる調査が行われたところ、1位4K/8Kテレビ、2位冷蔵庫、3位エアコンという結果に。現在、4K/8Kテレビを所有している割合は低いものの、需要の高さが明らかになった。

内訳をみると、60代が25%と最も高く、次いで20代と30代が20%という割合に。若い世代の最新家電への関心の高さがうかがえる。

一方冷蔵庫は、20代の需要は低いものの、30代以降の割合が13%前後と一定の需要をみせている。

「令和の家電 三種の神器」にも冷蔵庫は入っていたが、日々の使用頻度が高く、生活するうえでの必需家電でもある冷蔵庫は、常に最新の機種への需要が高くなっていると考えられる。

約75%の人はテレビ番組を毎日見ている!インターネットコンテンツの視聴も増加傾向

最近では、インターネットコンテンツやその他娯楽の急激な普及により、「テレビ離れ」というキーワードも聞くようになってる。

しかし、今回の調査結果では約75%もの人が「毎日地上波などのテレビ番組を見ている」ということが明らかになった。

さらに、「毎日ではないもののテレビ番組を視聴する」と回答した人も含めると、90%以上がテレビを使用して地上波などのテレビ番組を視聴しており、現在もテレビは生活のなかで使用頻度の高い家電の1つである、ということが言えそうだ。

【テレビの使用頻度】テレビ番組(地上波など)の視聴

YouTubeやNetflixといったインターネットコンテンツが普及し、映画やスポーツなど、さまざまな高画質なコンテンツをお家で手軽に楽しめるようになってきている。

「テレビにおけるインターネットコンテンツの視聴頻度」に関する設問において、「使用していない」という割合が37%で最も高かったものの、2番目に多いものは「毎日」という回答の21%で、今回の調査によると、63%の人はテレビを使用してインターネットコンテンツを楽しんでいることがわかった。

地上波などのテレビ番組はもちろんだが、今後インターネットコンテンツがさらに発展することで、よりテレビの使用頻度は増えるようになるかもしれない。

【テレビの使用頻度】インターネットコンテンツ(YouTube、Netflixなど)の視聴

■参考)テレビビエラ Digital FUN!
【4K疑問解決】Q:今、4Kでどんなコンテンツが楽しめる?
https://panasonic.jp/viera/digital_fun/content_4k.html

テレビもコミュニケーションツールの1種!?20代が家族と話す会話はテレビでの話題が7割!

家族や同居する人と、夕食を食べる際に話す話題に関して尋ねる調査が行われたところ、1位は「その日にあったこと」だったが、僅差で2位となったのは「テレビで流れているコンテンツ」という回答になった。

先の設問であったように、地上波などのテレビ番組以外に、インターネットコンテンツが普及しテレビを使用して楽しんでいる方が増加していることが要因と考えられる。

また、この設問では、20代の若い世代ほどテレビで流れているコンテンツに関して話していることが明らかに。若い人とコミュニケーションを取るときには、テレビで話題になっていることを話してみるのも、会話を盛り上げるきっかけになるかもしれない。

趣味や娯楽のために家電を買うときは「生活の豊かさ」が求められている

「今のあなたにとってなくてはならない家電」を尋ねる調査が行われたところ、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器がトップ3となり、食に関する白物家電が生活の上での必需家電としてあげられた。

生活するうえでの必需家電が食関連のものだった一方で、必需品ではない家電を買う理由についても尋ねる調査が行われたところ、最も多かったものは「生活を豊かにするため」という回答だった。

趣味や娯楽といった分野に属する黒物家電は、最低限の機能というよりも、“購入することで、いかに生活を豊かにできるか”、という点が商品を選ぶ際のポイントになっているのかもしれない・

※パナソニック調べ

<アンケート概要>
■サンプル数: 計600名 ■調査対象: 20代~60代の男女(性年代均等割り付け)
■調査期間: 2019年12月7日~8日 ■調査方法: インターネットリサーチ
※本調査では小数点第1位で四捨五入しされているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がある。

出典元:パナソニック株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。