人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1滴の血液や尿からがんを発見する新しいがん検査サービスの実用化が間近に

2020.01.31

尿や血液などの体液からがんを発見する『がん検査サービス』が注目されている。がんは早く見つけるほど治療の効果は上がるが、同サービスによってがん検査がより低価格で行なえ、結果も早く正確なものが得られるため、がんの早期発見に役立つとみられているからだ。

『がん検査サービス』は精度の改善などが進み、国内企業による実用化の動きが加速している。

そんな最新の「がん検査サービス」について、三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

『がん検査サービス』によるがんの早期発見に期待

がんは今や日本人の2人に1人が経験する病気。手術や抗がん剤など治療手段は進化し、早期発見すれば生存率を大きく高められる。

早期発見に向けて体液による『がん検査サービス』の注目が高まっている。

線虫での検査や体液に含まれるマイクロRNA(リボ核酸)を使った検査の精度が大幅に向上したため、がん検査への心理的、経済的なハードルが下がり、がん検査が広まることが期待される。

マイクロRNAの研究では日本が世界をリードしており、国内企業による実用化の動きが加速している。

実用化への取り組みが進む

東芝は2019年11月25日、血液1滴から13種類のがんを発見できる簡便で高精度ながん検出技術を開発したと発表した。

2020年にがん患者を対象に実証試験を始め、早期の実用化を目指す方針。価格は2万円以下としたい考え。

大腸がんや肺がん、膵臓がんなど13種類のがんについて、がんにかかっているかどうかを99%の精度で判定できる。検査時間は2時間以内に短縮し、即日検査への適応が可能となる。

九州大学発スタートアップ企業のHIROTSUバイオサイエンスは、優れた嗅覚を持つと考えられる線虫が、がん患者の尿に集まる特徴を生かしたがんの検査手法を開発した。

線虫と呼ばれる微生物を使って、1滴の尿からがんを発見する。同社は1月8日に検査を受けられる病院を発表しており、検査料金は約10,000円が予定されている。

医療費削減効果などに期待

体液を使った検査の取り組みはもともと欧米企業が先行していたが、ここ数年は日本勢がマイクロRNAなどを活用して追いつき、先行している。

これらの『がん検査サービス』は相次ぎ実用化段階を迎えている。

がんは高齢者ほど罹患率が高まる。

新しい『がん検査サービス』でがんの早期発見・治療が進めば健康寿命を伸ばすことや医療費の削減につながることが期待される。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。