人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実はCDデビューしていた意外な男性有名人TOP3、3位明石家さんま、2位斉藤工、1位は?

2020.01.31

有名人の中には、過去にCDデビューを果たしている人も少なくない。

中には「あの人が?」と驚くような人も。そこでgooランキングは、過去にCDデビューをしていた男性有名人をテーマに、「CDデビューしていた男性有名人の中で最も意外性が高いのは誰なのか?」を調査した。

実はCDデビューしていた意外な男性有名人ランキング

3位は「明石家さんま」

誰もが認めるお笑い界のレジェンド・明石家さんま。1955年生まれの今年64歳2019年10月現在だが、年齢を感じさせないパワフルなマシンガントークで今もお茶の間に笑いを提供し続けている。そんな彼が実は歌手としても立派な経歴を持っている事は、若い世代には意外に知られていないようだ。

1979年にリリースした『Mr.アンダースロー』やバラエティー『オレたちひょうきん族』から生まれた『アミダばばあの唄』など、本格的なCD時代到来前から音楽活動を開始していたのは古くからのファンならご存じの通り。以降も豪華アーティストが作詞・作曲を手がけた『真赤なウソ』や『サンキュー』といった数々の作品をリリースしている。

2位は「斎藤工」

憂いを帯びた甘いマスクと鍛え上げた肉体美で、大人の色気を感じさせる俳優・斎藤工。ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、彼の魅力に心を奪われてしまったという人も多いのではないだろうか。映画通でクリエイター志向が強い俳優としても知られており、2018年に公開された映画『blank13』では「齊藤工」名義で監督を務め、海外の映画賞で最優秀監督賞を受賞している。

マルチな才能は音楽の分野でも存分に発揮されており、インディーズ時代には歌手としてミニアルバムを発売。2011年にはCDシングル『燦々』でメジャーデビューを果たし、2012年放送のドラマ『七人の敵がいる!~ママたちのPTA奮闘記~』ではエンディングテーマを担当している。

そして1位は「佐藤健」!

2007年放送の『仮面ライダー電王』で主人公・野上良太郎を演じたことをきっかけにブレイクした俳優の佐藤健。整った顔立ちとクールなまなざしで、女性ファンが多いことでも知られている。近年は実写版『るろうに剣心』シリーズや『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など映画作品での活躍が目立るが、2018年に放送された連続ドラマ小説『半分、青い。』でも印象的な演技を見せてくれた。

そんな彼は、2006年に放送されたドラマ『プリンセス・プリンセスD』のキャラクターソングとしてCDシングル『YES!』をリリース。この他にも『仮面ライダー電王』の野上良太郎として『Real-Action』などをリリースしているが、演じた役に付随する形なのが特徴的だ。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。