人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

鮮度抜群!ZiplocとBEAMSの異色のコラボで生まれたユニークなアイテム11選

2020.01.31

ビームスのアップサイクルとハンドメイドをコンセプトに掲げたレーベル「BEAMS COUTURE(ビームス クチュール)」と、旭化成ホームプロダクツの食料用バッグ「Ziploc(ジップロック)」のコラボアイテムがあることをご存じだろうか?

今回のコラボレーションでは、「Ziploc」の持つ魅力はそのままに、「BEAMS COUTURE」ならではのアイディアと巧みなハンドワークで、「Ziploc」が誰でも身につけられるアイテムへと生まれ変わった。

「Ziploc」に慣れ親しんだ世代も、もっともっと若い世代も、着けて、見て、いろんな角度から楽しめる、爽快でユニークなコラボレーションシリーズになんだか胸がアツくなった今日この頃。鮮度抜群のアイテムたち、夏に先駆けゲットしたい。

「BEAMS COUTURE」って何?

BEAMASの倉庫に眠るオリジナル商品のデッドストック品を中心に、手仕事によるリメイク手法を用いて、新たな価値を持ったアイテムへとアップサイクルするブランドとして2017年10月にデビュー。

様々なジャンルのクリエイターやブランドとのコラボレーションにも積極的に取り組み、新しいアイディアやエネルギーが生まれる場となることを目指している。

今さらだけど「Ziploc」って何?

もはや説明不要かもしれないが、食料保存袋の代名詞が「Ziploc」だ。。

1960年代半ば、米国ダウ・ケミカル社の担当者がある展示会で、ジッパーを開け閉めするというアイデアを見つけたことが始まり。実は、元のアイデアは日本人の発明家が特許を持ち、米国の企業が使用権を取得しているものだった。

1972年にストレージバッグとして米国中に広まり、1991年には初めて日本の市場に登場した。

国内では1996年に旭化成ホームプロダクツが販売権を取得し、現在でも販売を続けている大ヒット商品だ。

アイコニックな「Ziploc」をファッションに昇華

実は、2018年8月にもコラボレーションは行われている。

そちらはファッション雑貨に限った展開だったが、今回のコラボレーションアイテムは「Ziploc」のバッグシリーズを実際に使用した全12型がラインアップされ、アメリカのバッグブランド「Manhattan Portage」やアメリカのファッションブランド「Fruit of the Loom」とのトリプルコラボレーションが実現したアパレルアイテムも登場。

また、PVCの素材には燃焼した際に有害物質の出ない非フタル酸PVCを採用するなど、新しい試みにも挑戦。

「BEAMS COUTURE」ならではの手仕事だからこそできる、確かなモノづくりのテクニックも見逃せないポイントだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。