小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国鉄型117系を大幅リノベ!夜行列車にも懐かしの昼行特急にも変身する新コンセプト特急「WEST EXPRESS銀河」は5月デビュー

2020.01.31

気になる車内は?

さて、夜行列車としても走行する「銀河」。期間によっては日中走行となることもあり、寝台列車のような本格的なベッド施設はない。しかし、その車内設備はバラエティー豊富。全6両編成ですべてが異なる設備となっているのだ。

まずは「銀河」の中でも最もグレードの高いグリーン個室「プレミアルーム」を見てみよう。

全4部屋の夜行時2名、昼行時3名用の個室と1人用個室1部屋が用意され、どの部屋も施錠できるので完全な個室となる。

備え付けのソファーを倒すとベッド形状となり、夜行運転時は個室寝台のような空間となる。車端部にはフリースペース「彗星」を設置。一段高くなった椅子からは前面展望を少しだけ楽しめる工夫もなされている。

夜行時のプレミアルーム。まるで寝台特急!

昼行時はこちら。通勤列車2枚分相当の窓を独占できる

台形型に設計することでスペースを有効活用している

フリースペース彗星 ちょっぴり前面展望も楽しめる

続いて5号車は普通車指定席として販売される「クシェット」だ。

往年の寝台列車の2段ベッドのような形状になっており、気ままに横になって過ごせる。

こんな快適な空間なのに寝台料金はもちろん、グリーン料金すらかからず、必要なのは乗車券のほか、普通車指定席特急券のみ! 5号車は特に人気が集まりそうだ。

ベッド状のノビノビ座席「クシェット」

通路も明るい5号車

大型の多目的トイレを5号車に設置

4号車は1両まるまるフリースペースとなる「遊星」。大型ベンチにミニテーブル、カウンターなどを兼ね備える。

実は「銀河」はその長い乗車時間や走行距離を活かして停車駅や車内で沿線などの特産品販売や地元の方々のおもてなしを企画している。具体的な内容はまだ発表になっていないが、夜行運転時などは朝食などの販売を検討しているそう。車内イベントや車内販売(常時販売はなし)などを行う際はこの「遊星」で行われる予定だ。

気ままな時間を過ごせる4号車フリースペース「遊星」

ボックス席のテーブルにはちょっとした「仕掛け」が!

スペース端にあるボックス席のテーブルは、ただのテーブルではなく、4つのテーブル自体がオセロ、チェス、将棋、囲碁のゲームテーブルになっているのもユニーク!

一緒に乗った仲間と盛り上がるのもよし、たまたま車内で出会った人と一戦交えるのも旅のロマンだ。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。