人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プログラミング教育の必修化に対する小中学生と母親たちの思い

2020.01.28

公立小学校では今年2020年から、中学校では来年2021年から必修化されるプログラミング教育。この施策について、現役小学生&中学生、その母親たちはどの程度理解し、また、どのような意見を持っているのだろうか?

今回、10歳から15歳のスマートフォンを所有する小学生、中学生の男女435人と、小学生、中学生の子どもを持つ母親501人を対象にした「プログラミング教育に関する意識調査」の結果が発表されたので、紹介していきたい。

なお本調査は、2019年10月29日~2019年11月13日の期間、株式会社テスティーとMMD研究所の共同調査として行われた。

小中学生の半数以上、母親の7割以上はプログラミング義務教育が始まることを認識

スマートフォンを所有する10歳~15歳の小学生、中学生の男女435人を対象に、プログラミング教育が必修科目になることを知っているか尋ねる調査が行われたところ、「知っている」という回答は小学生が51.7%、中学生が55.2%と、半数以上が認知している結果となった。

同様の質問を、小学生高学年または中学生の子どもを持つ母親に投げかける調査が行われたところ、「知っている」という回答は小学生の母親が73.8%、中学生の母親が66.9%と、子どもよりも認知が高い結果となった。
 
続いて、プログラミング教育が必修科目になることを「知っている」と回答した人を対象に、どの程度知っているか尋ねる調査が行われたところ、「内容を知っている/なんとなく内容を知っている」と回答したのは小学生が63.3%、中学生が52.8%となり、小学生の方が内容を知っているという回答が多い結果となった。

同様の質問を、小中学生の母親を対象に投げかける調査が行われたところ、「内容を知っている/なんとなく内容を知っている」と回答したのは小学生の母親が42.8%、中学生の母親が44.8%となり、必修化の認知は母親の方が高く、内容に関する認知は子どもの方が高い結果となった。

小中学生の約8割が「プログラミング教育を学んでみたい」と回答

プログラミング教育が必要だと思うか尋ねる調査が行われたところ、「必要だと思う」と回答したのは小学生が80.5%、中学生が72.8%、「必要だと思わない」と回答したのは小学生が4.6%、中学生が12.6%となり、小学生の方がよりプログラミング教育に対する意識が高いことがわかった。

また、「プログラミング教育を学んでみたいか」尋ねる調査が行われたところ、「学んでみたい」という回答は小学生が83.9%、中学生が76.7%となり、約8割の小中学生がプログラミング教育に対して興味があることがわかった。

続いて、学校以外でプログラミングを学んでいるか尋ねる調査が行われたところ、「学んでいる」と回答したのは小学生が34.5%、中学生が16.9%となり、学んでいる小中学生は「家族に教えてもらっている」という回答が小中学生ともに最も多い結果となった。

「プログラミング教育を学校以外で学んでいない」を対象に、「プログラミング教育を学校以外で学びたいと思うか」を尋ねる調査が行われたところ、学校以外でも学びたいと思っているのは小学生の67.5%、中学生の51.2%という結果となり、小中学生ともに「家族に教わりたい」という回答が最も多かった。

次に、小中学生の母親を対象に、「プログラミングを学校以外でも学ばせたいか」を尋ねる調査が行われたところ、学校以外でも学ばせたいと思っているのは小学生の母親が60.2%、中学生の母親が55.2%となった。

さらに、小中学生の母親に自分の子どもに対してパソコンの使い方を教えることができるか尋ねる調査が行われたところ、「教えることができる」という回答は小学生の母親が49.2%、中学生の母親が42.0%となり、子どもに対してパソコンの使い方を教える自信を持っている母親は5割に満たない結果となった。

子どもはゲーム作成への興味や将来性を見出す声が多数、母親からは健康被害を心配する意見も

最後に、「プログラミング教育の必修化についてどう思うか」、それぞれの意見を聴取する調査が行われたので、一部を抜粋して紹介する。

<小学生/高学年>

「知っているゲームのプログラムを見てみたい(小学5年生・男子)」
「自分は動画や画像を編集するのが好きなので、授業で学んだら楽しいと思います(小学6年生・女子)」
「将来はプロゲーマーなどを目指しているのでゲームのことをもっと知るためにプログラムなどやりたいと思っています。それにプログラマーは数十年後には20万人ほど足りなくなると聞いているので未来にお金を稼ぐためなどに必要だと考えています。それに将来金が貯まると思うと楽しくなります!(小学6年生・男子)」
「これからの時代、様々なものがインターネット化してくると思うので、プログラミングなどのある程度のことを学んでおかないと就職で苦労すると思う(小学6年生・女子)」
「難しい部分もあるが、将来役に立つことだからとてもいいと思う(小学6年生・女子)」
「ゲームやアニメをつくってみたい(小学6年生・女子)」
「私は六年生がやるドローン学習以外に学校のクラブでプログラミングを使い作品を作ったりしています。私が住んでいるところは田舎なのできっと都会の人よりもプログラミングについての授業は遅れています。必修科目にしたらこれからの世の中必要であろうプログラミングの技術を身に付けることができるでしょう。今私は小学六年生です。中学ではパソコン部にはいるつもりです。しかしあまり人気がなく友達はテニス部等にみんな流れました。みんなにもプログラミングに興味を持ちもっと日本のITを活気づけてほしいです(小学6年生・女子)」

<中学生>

「必要にはなってくるだろうが、それは全員にとってかと言われたら、少し疑問が残ります(中学2年生・男子)」
「これからの時代はインターネットがどんな職業でも必要な為、就職する最低条件として必要だから(中学3年生・男子)」
「難しそうではある一方期待がある。簡易的なゲームなどを作れれば意欲が湧く(中学3年生・男子)」
「スマホでPythonやHTMLを少ししていたので、学校でも教わりたいと思う(中学2年生・男子)」
「ゲームを作るのは楽しそうで良いと思う。しかし、数学の知識が乏しい生徒もいて、いつも周りが教えなくてはならないので、自分のことが進まなくなってしまう。その為これ以上教科は増やさなくて良いと思う(中学2年生・女子)」
「楽しみだけど将来就きたい職業とは関係の無いものなので役には立たないと思う(中学3年生・女子)」
「他にも、もっと大切で優先すべき学習内容があると思う(中学1年生・女子)」
「正直今までグローバルな社会になっていくことは知っていたが、プロクラミング教育が必修になるのは知らなかった。社会に出た時に恥をかかないようにある程度の事は学んでおきたい(中学1年生・女子)」

<小学生/高学年の母親>

「中途半端な教員よりもハッカーぐらいの知識を持った人が教えてほしい(34歳)」
「そこに時間を割く分の、今までやってきた教育はどうなるのか少し気になる(44歳)」
「将来、プログラマーになりたいという子供が増えているぐらい日常に入り込んでいますが、そこまで学校で教える必要性は感じていません(49歳)」
「今ではITが当たり前なので、基礎を学んでおくことは必要だと感じる(37歳)」
「良いと思うが1人1台自宅でも機材が必要となると金銭面がキツイ(38歳)」
「これからの時代には必要なスキルなんだと思う。ただ、自分がやったことがないのでピンとこない(47歳)」
「これからの時代は子どもの頃からプログラミングを学ぶ事は良いと思うがきちんと指導できる方に教えてもらう必要性を感じる(49歳)」
「これからの時代必要なのはわかるけど、できるだけ電磁波を浴びさせたくない。目も姿勢も悪くなりそうで、あまりいい印象がない(41歳)」

<中学生の母親>

「小さいうちからゲーム感覚で学べれば、苦手意識が少なくなりそうで良いと思うが、インターネットの使用により慎重にならなければならないと思う(43歳)」
「私がプログラミングを知らないので、ありがたい(46歳)」
「全員に必要とは思わない(50歳)」
「タブレットやスマホ必須になる事に抵抗を感じる(45歳)」
「これからの時代に必要になると思うが、プロフェッショナルな教員がいるのか疑問に思う(34歳)」
「社会に出た時に、出来るのと出来ないのどではかなり差がつくので、必修化は大切だと思う(55歳)」
「プレイする方だけじゃなく、作る方も学べるなら、とても良いことだと思う(45歳)」
「時代に合っていて、論理的思考が育てられるのは良いと思う(46歳)」
「必要です。日本はむしろ遅れていると思う。出来ると就職の幅も広くなる(39歳)」
「プログラミングの勉強に時間がかかり、ほかの教科にしわ寄せがきそう。全員が学ぶ必要があるのか不明(42歳)」
「将来の為には良いのかなと思います。まだ頭が柔軟なうちに覚えるのはいいこと(39歳)」

【調査概要】
・調査期間:2019年10月29日~2019年11月13日
・有効回答:936人(スマートフォンを所有する小学生高学年174人、スマートフォンを所有する中学生261人、小学生の子どもをもつ母親187人、中学生の子どもを持つ母親314人)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:スマートフォンを所有する小学生高学年、スマートフォンを所有する中学生
小学生の子どもをもつ母親、中学生の子どもを持つ母親
・設問数 :21問

出典元:株式会社テスティー

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。