人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モバイルSuicaの存在感が強い?乱立しているサービスは統一する?コード決済を中心とした今年のマネーハック事情を推察

2020.02.06

コード決済を軸に加速する社会のキャッシュレス化

  本号が、年をまたいで店頭に並ぶことをふまえて、2020年のマネーハックについて予想してみたいと思います。2019年を振り返ってみれば〝キャッシュレス社会が現実として動き出した年〟といえるでしょう。2018年末から本格稼働したPayPayとLINE PayのQRコード決済は、すっかり市民権を得ました。2019年10月から消費増税に合わせてスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」が、多くの店舗にキャッシュレス決済の端末を設置させる原動力になり、利用シーンは一気に拡大しています。

 一方、セキュリティー問題の重要性が再認識される年でもありました。不正ログインが生じたセブンPayがサービス停止となったのは、象徴的な出来事でしょう。

〝攻めのモバイルSuica〟は今後も強い存在感を示す!?

 スマホを軸に本格化しているキャッシュレス社会ですが、2020年における各種サービスの見込みについて触れたいと思います。

 まず「おサイフケータイ」で知られるFeliCaチップ内蔵のスマホなどで支払いを行なう電子マネー決済ですが、2020年も〝現在のポジション〟を失うことはないでしょう。OPPOをはじめ複数の海外製スマホがFeliCaを搭載し始めているなど、国内メーカー以外にもおサイフケータイ対応機が増加。選択肢は広がってきました。

 なお、交通系の電子マネーとしてご存じのモバイルSuicaは、2019年10月から切符代の2.0%還元策を打ち出すなど〝攻めの姿勢〟に転じています。ICカードでの還元率が0.5%なので、おサイフケータイへの切り替えを促す大きなインセンティブになっているといえるでしょう(JREポイントクラブの登録が必要)。

 現状では、楽天Edy、nanaco、WAONといったほかの電子マネーが『iPhone』で設定できないこともあり、モバイルSuicaは当面〝おサイフケータイの第一の座〟を確保していくことになりそうです。

乱立しているサービスの統合や統一が進むか?

 2019年は多くのQRコード決済が誕生しました。その結果、コンビニのレジ端末の前にはあまりにも多くの決済ロゴが並ぶなど、乱立気味といえるでしょう。このような状況から考えると、2020年はサービスの撤退や統合などが進むことも考えられます。

 現在、一定のシェアを確保しているPayPay、d払い、LINE Pay、楽天ペイなどに対し、ほかのサービスが追いつき、追い越せるかどうかも注目です。ただし、支払額の20%を還元するなど、よほど思い切った策を講じなければ、大逆転は厳しいかもしれません。

 また「20%還元」で競い合っていたPayPayとLINE Payが統合されて「大QRコード決済」が誕生するかどうかも、2020年の大きな見どころでしょう。「やるかやらないか」ではなく「いつやるか」の問題でしょうから、今後の動向が注目されるところです。

 一方で「統一QRコード(JPQR)」の構想も進んでいます。それがうまく広まれば、どのQRコード決済でも支払えるようになり、共存共栄の道が残される可能性も出てきました。〝音頭〟を取っている総務省にスピード感をもって進めてほしいところです。

新しいサービスも含めてマネーの話題は尽きない

 なお、現在行なわれている「キャッシュレス・消費者還元事業」は、2020年6月で終了します。それに伴って、国が追加の景気刺激策を講じるかどうかは気になるところです。そのひとつとして挙げられるのが、2020年9月から予定されているマイナンバーカードを使うポイント付与策。私の見込みだと、実施前後には各所が対応に追われ、相当のドタバタしそうなことが予想されます。

 気になる人は、来年の早い時期にマイナンバーカードを取得しておくと、いいかもしれません。

『LG G8X ThinQ』

『Pixel 4』

これまでは国内ブランドを中心に搭載されることの多かったFeliCa。最近では海外ブランドのAndroid端末に採用されるケースも少なくない。別売りのケースを装着して2画面として使えるLGエレクトロニクス製『LG G8X ThinQ』(写真上)や、カメラ機能が一層強化されたグーグル発の『Pixel 4』(写真下)など、選べる幅も広くなっている。

■ 山崎俊輔/お金にまつわるコラムを15本抱える人気ファイナンシャルプランナー。近著に『大人になったら知っておきたいマネーハック大全』(フォレスト出版)がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。