小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もうすぐ実物大のガンダムが動く!今年10月にオープンする「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の気になる中身

2020.01.30

10月の本オープン前に見学できるプログラムも

 施設は動くガンダムが見られる「GUNDAM-DOOK 」と、カフェやショップ、展示スペースのある「GUNDAM-LAB」の2つのエリアで構成されている。

〇GUNDAM-DOOK(G-DOCK)/GUNDAM-DOOK TOWER(G-DOCK TOWER)

 動くガンダムを格納し、メンテナンスワークを行うデッキ「GUNDAM-DOCK」と、特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」(入場料とは別に料金が必要)で構成。一般客は地上からガンダムを観覧するが、「GUNDAM-DOCK TOWER」は動くガンダムを15~18mの高さから間近で見ることができる。

〇GUNDAM-LAB

 制作過程や動く仕組みにまつわる展示施設「ACADEMY」、イベントやトークショー、研究発表などを行うコミュニケーションスペース「CONFERENCE ROOM」、会場限定のオリジナルガンプラを中心に、オリジナル商品を販売するショップスペース「THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite」、ガンダムに関するオリジナルメニューや横浜のご当地グルメを楽しめる「GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite」で構成。

 会期は2020年10月1日(木)~2021年10月3日(日)、営業時間は10:00 ~21:00(予定・時期によって異なる可能性あり)、2020年7月からチケットを販売する予定。

 また、本オープンに向けて最終調整中の様子を、特別に有料で見学できるプレオープン限定プログラム「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA スペシャルエクスペリエンス」を2020年7月~8月の土・日に実施の予定。

 一足早く会場に入場でき、この時期にしか見られない制作現場の雰囲気を味わえるほか、特別観覧デッキ「GUNDAM DOCK TOWER」に登ることができる(ガンダムの稼動は予定していない)。一部オリジナル商品を購入できるショップも展開する予定で、チケットは4月ごろより販売する。いずれも詳細については決定次第発表されるので、公式サイトを要チェック。

【AJの読み】ガンダムを動かすことへの並々ならぬ情熱

 実物大ガンダム立像が初めて登場したのは2009年。当時はその大きさに驚いたものだが、ガンダム40周年を迎え、実物大ガンダムを動かすことに挑戦するプロジェクトチームの情熱は、ただならぬものを感じる。残念ながら安全面から搭乗することはできないが、歩行するのか、屈むのか、ジャンプするのか、どのような動きを見せるのか、オープンまで期待して待ちたい。

©創通・サンライズ

文/阿部 純子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。