人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JALがエアバス「A350」を2020年度中に9機まで増やして運航便数を順次拡大

2020.01.24

JALグループは、2020年度国内線の路線便数計画を決定した。

2019年9月より運航を開始し、好評のエアバスA350-900型機(「A350」)を2020年度中に9機まで増やし、運航便数を順次拡大する。

また、昨年10月末より運航を開始している国内線仕様ボーイング787-8型機も4機まで増やし、新機材による新たな商品価値の提供と、航空機の低騒音化を進める。

さらに、札幌(丘珠)空港を拠点とする北海道エアシステムでは、新機材ATR42-600型機の運航を4月12日より開始し、提供座席数の増加とともに、地域の経済活性化に貢献。

A350は、短期間で座席数を変更できる客室仕様(QCC:Quick Configuration Change)としており、羽田=沖縄(那覇)線をはじめ、季節需要に適合した運航を行なう。

また、羽田=札幌(新千歳)線では、夏季期間の旺盛な需要に応え、一部期間において深夜便を増便する。

羽田=山形線においては、「羽田発着枠政策コンテスト」による2020年度夏期ダイヤの延長配分を受け、1日2便運航を維持する。

【増便】

※3 一部便については、販売開始日が異なる。
※4 一部、運航便数が異なる期間がある。
※5 沖縄(那覇)-宮古は1日10便、宮古-沖縄(那覇)は1日9便運航。
※6 宮古-石垣は1日3便、石垣-宮古は1日2便運航。

【減便】

※7 2019年度冬期ダイヤを継続。
※8 沖縄(那覇)-石垣は1日7便、石垣-沖縄(那覇)は1日8便運航。

■A350-900型機の客室仕様について

1. 座席数

2. 座席配置

369席仕様

391席仕様

関連情報:https://www.jal.co.jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。