人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ショー三昧で感涙!怒濤のエンタメ攻撃を満喫できるアジア初のクルーズ船「ゲンティン ドリーム」乗船記

2020.01.28

見よ、このエンタメ怒濤波攻撃を!

 ゲンティン ドリームのショーエンターテーメントの凄さ! これが今回一番書きたかった!

 航海三日目……帰港日前日の船内新聞『ドリームデイリー』の最終面を見てください。

 もう朝から深夜までズーッとやってるワケですよ、イベントだのショーだの。本当にさっき書いたプール周辺でのアトラクションだけで体ひとつじゃ足りないっつうのに! そんな中、これは絶対に見ないといけないのが、船内の大型シアター『ゾディアックシアター』で行われる、大がかりなプロダクションショー!

 これが海上の大劇場・ゾディアックシアター。今回乗船した三泊四日のクルーズでは1日目の夜に1回、2日目と3日目の夜に2回ずつショーが行われるんですが(乗船客数などで変わること有)、1〜2日目ショーと3日目のショーがまったく趣の違うエンターテーメントが上演されてる!

 わずか三泊のクルーズに、二つもの大がかりなショーを用意するというサービス精神に、素直に頭下がる。

 ということで、まず最初に見た1〜2日のショーが『Some Like It Hot』。マリリン・モンローの映画『お熱いのがお好き』の原題にして、意味もそのまんま“お熱いのがお好き”。

 タイトルからも想像つくように歌と踊りのレビュー!

 洒落た大人のショーですよ。一杯呑んで、ぜひ見ていただきたい。

 そして3日目の夜に行われるのが、さっき写真で載せた新聞『ドリームデイリー』をよく見れば載っている『SONIO−A Tale of Two Dreams』!

 大人の世界から一転、大迫力のアクロバットショーなんですが、冒頭に船のキャプテン始め、各セクションの上級船員たちが舞台に登場して挨拶したりして、航海最終夜をいやがおうにも印象づける粋な演出!

 そして、その高揚感のまま一気に興奮のプログラムが続く!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。