人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ショー三昧で感涙!怒濤のエンタメ攻撃を満喫できるアジア初のクルーズ船「ゲンティン ドリーム」乗船記

2020.01.28

シンガポール発はクルーズ界最高のメリット!

 クルーズ船といえばプールですよね。

 この船のメインプールデッキです。このプールサイドのデッキチェアで水着で寝ころんでボーッとする。

 これぞクルーズの醍醐味なんすが、この船だからこそ、この醍醐味がまさしく超醍醐味になるんです。

 今や、日本発着のクルーズ船も多いですけど、考えてくださいな。日本発着の船って、夏以外、そんなプールサイドで水着でボケーッって醍醐味が、実は味わえないんですよ。そりゃあそうでしょ、だって冬のデッキなんて海風がビュンビュカ吹いて極寒だもん。水着になったら死にますよ。

 ところがゲンティン ドリームはほぼ赤道直下のシンガポール発着! 一年365日、ズ〜ッと真夏!!

 多分、読者の皆様、この記事の最初に“シンガポール発”って文字を見た時に、

「日本発のクルーズがこれだけ多い時代に、なんでわざわざシンガポールまで飛行機に乗ってって、そこから船に乗る?」

 って思った人もいたかもしれない。でもこの船の一番重要なところは、常夏の海をクルーズするって所なんですよ!! そこにこの船の大きな存在理由がある! 

 だから夏以外のシーズン。特にこの船をオススメしたい!

 そしてそのプールもただのプールじゃないっすよ。見よ、このウォータースライダー!     

 ↓こんな直滑降的角度のヤツもあるでよ!

 楽しそうでしょ? 楽しいのはプールだけじゃない。『ロープコース』という、命綱付けて綱渡り的なアスレチックを体験できるアトラクションがある。

 こんな感じのヤツなんですが、そのコースの最後にはこんなスリルが待ち受けております。

 なんと海上ジップライン! 足の下は海っす、海!! こういうロープコース的施設は日本にもいくつかあるけど、さすがに海の上をジップラインで駆け抜けるカタルシスは、ここにしかない!

 さらに、クライミング体験のできる『ロッククライミングウォール』や『ミニゴルフ』『バスケットボールコート』『ボーリングレーン』に『ゲームアーケード』なんてのもある!

 ここでしつこく書いておきますが、ボーリングとゲームアーケードのゲーム以外は、これらのアトラクションは全て無料!!

 もうこれだけで、キャビンにいる時間はほとんどない!! ってのがお分かりいただけたと思うんですが、この船のアトラクション的なジャンルで最大の魅力といえば、なんつったってエンターテーメントの充実なのだ!!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。