人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まさに空飛ぶゴンドラ!2023年の実現に向けてエアロネクストが開発中のエアモビリティコンセプト「Next MOBILITY」

2020.01.25

日本では2018年12月に『空の移動革命に向けた官民協議会』がロードマップを発表し、2019年の試験飛行、2023年の実用化という野心的な目標が掲げられており、政府がロードマップを提言した世界初の国としても注目を集めている。

そんな中エアロネクストは、エアモビリティの概念を覆す新たなコンセプト『空飛ぶゴンドラ』を発表した。「移動」の利便性を主目的とするこれまでのエアモビリティの概念とは一線を画す、空を飛ぶ楽しさや解放感、空からの景色を楽しめる、新たな空の飛行体験を提供する、全く新しいコンセプトだ。

「安全性」と「快適性」を両立させた『空飛ぶゴンドラ』

『空飛ぶゴンドラ』を具現化した原理試作Next MOBILITYは、回転翼と固定翼のハイブリッド型のVTOL(垂直離着陸機)で、エアロネクストが昨年のCEATEC2018で経済産業大臣賞を受賞したことで注目された独自の重心制御技術「4D GRAVITY」と、今回新たに開発したVTOLの重心制御技術「ティルトボディ」を搭載している。

人が乗る機体には不可欠の、安定性により担保される「安全性」はもちろん、垂直離陸時、離陸から水平飛行への移行時、飛行中、そして垂直着陸時すべてにおいてスムーズで、また揺れも最小限で常に乗客が座った状態で地面と水平で安定する「快適性」を実現。それは例えていうと、観覧車のゴンドラが空に飛び立ち自由に飛ぶ未来の乗り物であり、新たな空の飛行体験を提供することができる。

Next MOBILITYは1人乗りの機体だが、今後複数の人が乗込むことができる機体も発表する予定だ。この、『空飛ぶゴンドラ』Next MOBILITYの目指すところは複数の人が時間と空間を共有しながら移動する体験の新たな可能性であり、本機体が社会実装されれば、世界各国で進みつつある次世代移動サービスシステムMaaS(Mobility as a Service)の「空の移動」において、不可欠な移動手段となると確信しているという。

 

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。