人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

独自の社内用語、自由すぎるオフィス、クラウド会計サービス「freee」の先進的な働き方

2020.01.24

クラウド会計サービスで知られるfreee株式会社は、2019年12月17日、東証マザーズ市場に上場した。そんなfreeeには、先進的な習慣が社内に多数ある。

そこで今回は、freeeに根付く習慣について、実態などを社員へインタビューして探ってみた。

独自の社内用語「freee用語」

freeeには、「freee用語」という社内用語がある。入社した社員はまずそのfreee用語集の数の多さに驚くそうだ。そこで、広報担当者の土島あずささんにfreee用語の一部を解説してもらった。

●「マジ価値」

「これは『本質的(マジ)で価値ある』を略しています。『ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする』という意味が込められています。新しい機能開発を検討する際も『それって本当にマジ価値?』と会話の中でも当たり前に使っています」

●「あえ共」

「『あえて、共有する』を略して、『あえ共』。これはfreeeのマジ価値指針(≒価値基準)の一つで、『人とチームを知る。知られるように共有する。オープンにフィードバックし合うことで一緒に成長する。』という意味を指します。良いことも悪いことも『あえ共』することで、仲間からのフィードバックを受けることができます」

●「ジャーマネ」

「freeeにおけるマネージャとは、単にメンバーの上に立つ者のことではなく、“タレント”であるfreeeのメンバーを叱咤激励し、成長・活躍をサポートする役割のことを指します」

●「ハッピー」

「バグのことを『ハッピー』と呼んでいます。サービスリリース当初、あまりにもバグが多かったときに、バグをハッピーと言い換えるだけで、気持ちだけでも、しんどさが軽減されるのではというエンジニア発案の用語です」

●「ゆるふわ」

「まだ固まっていない話の相談を持ちかける際に『ゆるふわな相談なんだけど…』や、気楽に聞いてほしいときに『ゆるふわで聞いてほしいんだけど』など、とにかくゆるい感じで聞いてほしいときに使います」

●「freeer」

「Googleで働く人を「Googler(グーグラー』」と呼ぶように、freeeで働く人を「freeer(フリーヤー)」と呼んでいます」

フリーなfreeeのオフィス

freeeのオフィス内では、いつも議論が活発に飛び交っており、活気のある職場だという。どんなオフィス空間で、どんな働き方をしているのか?

「社員ごとに席は決まっていますが、業務する席は基本的に自由です。体にフィットする大きなソファのあるスペースでリラックスしながら作業できる場もあれば、集中するための仕切られた静かな部屋などもあります。カフェスペースやカウンターなど、他部署の社員同士が自然と話せるような場所も各フロアにあります」

社内では、こんなことも起きているという。

「全社員が一度に集まって5~6人のグループに分かれ、カルチャーについて議論する井戸端会議を開催しています。トップダウンで何かを決めるのではなく、みんなで議論して自分の考えを共有し合うことで、一人一人が組織を醸成させていることを実感しています」

freeeTシャツはある意味ユニフォーム

佐々木CEO

ところで、freeeといえば佐々木大輔CEOがいつもfreeeTシャツを着ているのが印象深い。一年中、真冬でもfreeeTシャツを着ているのだろうか?

「真冬でもfreeeTシャツを着ています。平日はfreeeTシャツとfreeeのパーカーを着ています。佐々木だけでなく、freeeTシャツは全従業員に無料で配布しているので、一種のユニフォームとして多くの従業員が着用しています」

最後に土島さんに、会社が上場したことを受け、社員の一人としての感想と意気込みを聞いた。

「私はfreeeのミッション・ビジョンに共感し入社を決意しました。一緒に働く仲間も皆、ミッションに共感し、ビジョンの実現に向けて日々活動しています。

従業員のみでなくお客様・パートナーの皆様と共に上場という新しい一歩を歩み始めました。ミッション・ビジョンを改めて胸に刻む機会となり、さらに結束力は強まったと思います。

社会的責任を担うパブリックカンパニーとして気を引き締め、今までと変わらず『マジ価値』を届けきる集団の一人としてより一層努めてまいります」

先進的な企業として走るfreee。独自の文化や習慣は、興味深いところがある。企業文化や習慣づくりのヒントになりそうだ。

【取材協力】
freee株式会社
https://corp.freee.co.jp/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。