人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PayPayで貯めたポイントはYahoo!関連サービスやソフトバンクとY!mobileの携帯電話料金に充当できるって知ってた?

2020.02.19

現金代わりに支払えるなど、ポイントの活用方法は実に様々。日々使っているサービスでも〝使い道〟の詳細を知らない人も多いのでは!? そこで以下にまとめた情報を参考にして、ポイントを使い倒してほしい。

 日々の買い物や食事で現金の代わりにポイントを使うなら、スマホ決済とともに電子マネーにも対応しているほうがいいだろう。なぜなら『Suica』『Edy』『iD』といった電子マネーにしか対応していない店舗が、まだまだ多いからだ。

 その点でいえば『iPhone』ユーザーに限られるが、ポイントを『モバイルSuica』にチャージでき、『iD』払いにも利用可能な『メルペイ』はかなり魅力的。使えないキャッシュレス対応店を見つけるほうが難しいくらいだ。電子マネーでのポイント活用には『楽天ペイ』『LINE Pay』『d払い』も対応。それぞれ、『楽天Edy』『QUICPay+』(Android版の端末)『iD』にチャージして使える。

 電子マネーの決済に非対応だが、加盟店が多い『PayPay』も、日々の支払いでポイントを利用したい人向き。リアル店舗のほか、Yahoo!ショッピングやヤフオクの支払いにも充当できる。ポイントを利用できる独自サービスの充実度では『au PAY』も負けてない。家族間でシェアできる強みもある。

 こうした各社で異なる貯めたポイントの利用先を見比べながら、メインで使うスマホ決済を改めて考え直してもいいかもしれない。

PayPayの強みは?

 

PayPay

 170万店超の加盟店での支払いに、ポイントを利用できるのが強み。Yahoo!関連サービスにも使えるほか、ソフトバンクとY!mobileの携帯電話料金にも充当できる。なお『PayPay』のポイントは、主に買い物で還元されるPayPayボーナスと、Yahoo!会員特典などで付与されるPayPayボーナスライトの2種類があり、ともに送金や出金(現金化)には非対応。前者は無期限、後者は付与から60日まで有効だ。これらはPayPay残高として扱われ、有効期限のあるPayPayボーナスライトから自動的に優先して使われる仕組み。

PayPay

取材・文/房野麻子

※表の内容は2019年12月1日時点のもの

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。