人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マネーの賢者が伝授!気づいたら失効してた…という悲劇を防ぐポイント活用の基本5か条

2020.03.06

ムダなく使い切る秘訣

キャッシュレス決済で貯まっていくポイントの様々な活用方法を、専門家はどう実践しているのだろうか。マネーの識者3人に聞いたところ、頻繁に利用するポイントの使い道で多かったのは、日々の支払いに当てること。それぞれの具体的な支払いシーンとともに、そこから導き出された「ポイント活用の鉄則」を紹介する。

日頃からの利用がポイント失効の予防策

「有効期限内に、買い物に使う」(綿谷さん)、「ポイントの残高をアプリで確認しつつ、日常的にほかのポイントに交換したり、それで支払ったりする」(鈴木さん)、「使える機会がある時は、すぐ利用するようにしている」(松岡さん)など、マネーの識者3人はそれぞれ〝ポイントの失効対策〟を行なっている。

 ポイントを利用する際に重要なのは、自分で〝使うタイミング〟をルール化すること。鈴木さんは「500~1000ポイント程度貯まった」ら、ランチなどで使うようにしているそうだ。綿谷さんは「例えば『まとめて使うのは12月』のように、期限内に使えるようにルールを決めておくといい」とアドバイスする。スマホ決済のうち『d払い』や『楽天ペイ』は「ポイントを使う」という設定が可能。これを有効にしておけば、貯まったポイントで自動的に支払われるようになる。ポイントの期限を気にする間もなく消費できる……というわけだ。

失効日や交換先を知ることもポイント活用のテッパン

 ポイントの有効期限が近づいてくると知らせてくれる通知機能もある。失効を防ぐ手段として活用したいところだ。また、ポイントの中には、ポイントを使うことで失効日を延ばせるものもある。そのため、松岡さんは「〝ポイントを増やす〟というよりも〝有効期限を延ばす〟ためにポイント運用を利用している」とのこと。

 ちなみに綿谷さんは、ポイントをしっかり管理するなら、ポイントを登録して〝見える化〟できる「ポイ探」をおすすめする。交換先も簡単に探せるなど、ポイントを活用する人にうってつけだ。

 キャッシュレスサービスに造詣の深い識者3人は、各サービスの内容を把握はしているものの、日常的に使うキャッシュレス決済のサービスは3~5種類程度しかない。少ない印象だろうが〝ポイントの交換先〟を決めておき、ポイントはなるべく分散させないようにするのも、貯めたポイントを効率よく使うコツなのだ。

LINE Pay

LINE Pay

ポイント活用の鉄則 5か条

1、積極的に決済に利用する!
2、支払いに使うタイミングや金額などをルール化する!
3、ポイントの失効通知を見逃さない!
4、交換できるポイントを知る!
5、ポイントの交換先を決めておく!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。