人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

派遣社員が勤務先を選ぶ時に最も重視している条件1位は給与、重視していない条件は?

2020.01.22

派遣先を選ぶ際の最重要ポイント

「給与」「やりがい」「勤務時間」など、派遣社員として派遣され、就業することになる会社を選ぶ基準で最重要視されているポイントとは? 今回インタースペースは、男女772名の派遣社員に「9つの条件」から重要度を調査を実施した。

その結果、「給与がとても重要」と答えた割合が66.8%、「勤務地がとても重要」と答えた割合が62.5%だった。

「まぁ重要だ」を含めても、この2つは突出して重要だと感じている派遣社員が多いようだ。派遣社員は、時給制であり、交通費が出ないケースが多いという背景が影響しているのかもしれない。

次に、「9つの条件のうち、3つだけ選ぶとしたらどの条件が重要か」を聞いた。給与や勤務地の割合はやはり高いが、特に目立つのは、「キャリアアップ」と答えた割合が6.3%とかなり低かった点だ。

「経歴を生かせる」も、10%を切る8.7%でした。派遣社員として働く場合、将来のキャリアの展望よりも、今の自分にとって働きやすいか?という条件が重視される傾向にあるようだ。

複数選択ではそれほど高い割合を見せなかった「業務内容(やりがい)」だが、「一つだけ選ぶとしたら」という質問では、11.3%と給与と勤務地に続いて割合が大きいという結果になった。

理由を聞いたところ、「自分が快適に仕事できることがもっとも重要」「自分が興味ある内容や向いてる内容の仕事じゃないとやる気も出ないし辞めたくなって続かない。」など、続けることを最重要視する派遣社員も一定数いるようだ。

逆に、「それほど重要視しないことは何か?」という質問では、「キャリアアップ」と答えた派遣社員がもっとも多く39.8%。次に多かったのが「経験を生かせる」で17.1%でした。キャリアアップを重要視しない理由としては、「そもそも派遣は一時的な労働なのでキャリアアップは求めない」など、短期労働であるが故に最初からキャリアアップを期待していないという声が多かった。

また、経験を生かせることを重要視しない理由については、「今は派遣期間が3年なので、大抵の派遣の仕事は専門性が薄いと思うので必要ないと感じるため。」といった、こちらも短期であるからこそ専門性が低く未経験でもできるような仕事が多いという理由だった。

調査概要
調査手法:派遣に関するインターネット調査
対象者:派遣社員 n=772名
(男性 167名 女性605名)
(本人年齢 ~20代105名、30代235名、40代以上432名)
対象地域:全国

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。