人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

革新的なミッドシップエンジンを搭載したシボレーの新型「コルベット」が北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2020.01.21

新型「シボレー コルベット」が、アメリカとカナダのジャーナリスト50名で構成する選考委員会によって「2020北米カー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

革新的なミッドシップエンジンレイアウトの採用に加えて、その洗練されたデザインと快適かつ圧倒的なパフォーマンスを実現したことが受賞の理由という。

※日本国内における車両名称は、「シボレー コルベット」(スティングレイは使用できない)

「コルベット」はかつて、1998年の5代目、そして2014年の7代目にもこの賞に輝いている。

受賞式は、1月13日、デトロイトのTCFセンターで行なわれ、「コルベット」のエグゼクティブ・チーフ・エンジニアを務めるタッジ・ジェクター氏に授与された。

ジェクター氏は、「このように素晴らしい賞に選んでいただき大変うれしく思っています。我々のチームはこの車に全身全霊を注いできました。それだけに、この栄誉ある賞をいただくことができてすべての努力が報われた気持ちです。審査員の方々と同様に当社顧客の皆様にも大いに新型『コルベット』を気に入っていただけるものと確信し、実際に乗っていただけることを心待ちにしています」と、述べている。

「北米カー・オブ・ザ・イヤー」は、革新性、デザイン、安全性、パフォーマンス、テクノロジー、ドライバーの満足度、バリューの観点から優れた自動車に贈られる賞。

「NACTOY」は1994年にクリストファー・ジェンセン氏が創設、ジェンセン氏自身も初期の選考メンバーの一人だった。

審査は、米国およびカナダを拠点に、雑誌、テレビ、ラジオ、新聞、ウェブサイトで活動するフリーランスのプロの自動車ジャーナリスト約50名によって行なわれる。

候補モデルを評価した後、個別に監査法人デロイト社を介して投票を行い、各部門のファイナリストと受賞者が決定する。

「北米カー・オブ・ザ・イヤー」のプレジデント、ローレン・フィックス氏は、「2020年モデルの『コルベット』はアイコニックなブランドの新たな時代を象徴する1台であり、市場からの盛り上がりも圧倒的です。ジャーナリストの視点からも、これこそが『北米カー・オブ・ザ・イヤー』であることを体現する、GMが手掛けた最高傑作の一つと言えます」と、述べている。

「シボレー コルベット」は、米国ケンタッキー州のボウリング・グリーン工場において2020年2月から製造を開始。納車はその後ほどなくスタートする予定。

日本国内での最終的な仕様と価格は2020年7月に決定し、デリバリー開始は2021年春以降を予定している。

関連情報:https://www.chevroletjapan.com/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。