人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年の経済は回復基調!?カギはレコード大賞に選ばれた「パプリカ」のヒットと2019年の漢字に選ばれた「令」にあり

2020.01.20

2019年12月の日銀短観で大企業製造業の景況感が6年9カ月ぶりの低水準に落ち込むなど、足元の国内景気に弱さがみられた。

しかし、子どもの歌「パプリカ」が日本レコード大賞を受賞したことや、2019年の「今年の漢字」に「令」が選ばれたことは、一見無関係そうに見えて、実は、景気の拡張局面が続いていることを示唆する重要な事象なのだという。

そんな「2020年の日本経済」を読み解くマーケットレポートが今回、三井住友DSアセットマネジメントにより発表されたので、以下にて紹介していきたい。

「パプリカ」のレコード大賞受賞は景気回復持続を示唆

「パプリカ」を歌う小中学生ユニット・Foorinが、第61回日本レコード大賞を史上最年少で受賞した。Foorinは、5人組の小中学生ユニットで、幼稚園や小学校ではパプリカ・ダンスがブームになった。

子どもの歌の大ヒットは景気と関係がある。親の財布の緩み具合が表れるからだ。

過去を振り返ると、「黒ネコのタンゴ」、「およげ!たいやきくん」、「おどるポンポコリン」、「だんご3兄弟」、「慎吾ママのおはロック」など、子どもの歌の大ヒットはすべて景気拡張局面だった。「パプリカ」のレコード大賞受賞は景気回復持続を示唆している。

「今年の漢字」“令”は景況感悪化を示さず

2019年の「今年の漢字」は「令」が選ばれた。ランキングをみると、昨年も大きな自然災害が発生したなかで、2018年に1位だった「災」は第5位に後退した。

また、2014年の消費税増税の年に第1位に選ばれた「税」は第10位にとどまった。消費税増税の影響は2014年よりは軽微である可能性が表れているようだ。

新元号が「令和」になり、素直に「令」を選んだ人が多かったことからみて、人々の景況感はそれほど悪化していないと思われる。

『2020年の日本経済』は回復が続く

エコノミストのコンセンサス調査である「ESPフォーキャスト調査」(12月調査)で2020年度実質GDP成長率見通し・平均値は+0.49%となり、11月調査の平均値+0.39%から上方修正された。きわめて緩やかながらプラス成長は続く見通し。

予測値が高まったのは、政府が12月5日に国や地方からの財政支出が13.2兆円程度となる「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を閣議決定したことなどを反映したからだと考えられる。経済対策は民間の支出も加えた事業規模では26兆円程度に上る。

『2020年の日本経済』は、外需・製造業の落ち込みや景況感の悪化に歯止めがかかる一方、内需の堅調さを維持することで、緩やかな景気回復が継続する見込み。

その要因としては、(1)世界経済の不透明要因緩和の動きに伴う外需の持ち直し、(2)5G用基地局投資や新型スマートフォンの製品開発活発化などに伴う電子部品・デバイス工業の在庫サイクル底打ち、(3)内需の底堅さの継続、(4)政府の経済対策、(5)東京オリンピック・パラリンピック開催などが挙げられる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。