人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題沸騰!ソニーが開発したクルマ「VISION-S」に乗ったら極上の○○が待っていた!!

2020.01.21

ソニーは米ラスベガスで開催された世界最大規模の家電見本市「CES 2020」で、パートナーの協力を得て自社開発したという電気自動車「VISION-S」を公開。ソニーがいよいよ自動運転市場に参入すると、世界中のメディアから高い注目を集めた。

なぜソニーがクルマ?と思う人も多いだろうが、自動運転はソニーの持つカメラやセンサーの技術が活かせる分野だ。CES2020に先駆けて行われた発表会で、ソニー代表執行役社長兼CEOの吉田憲一郎氏は、「過去10年のメガトレンドはモバイルだったが、次の10年はモビリティーだ。ソニーのイメージングおよびセンシングテクノロジーは自動運転時代のモビリティ、安全性に貢献できると信じている」と語っている。モバイルの次は、モビリティに注力するという意思表示であり、そのための技術ショーケースとして開発されたのが「VISION-S」というわけだ。

実際に展示されていた「VISION-S」に乗車する機会を得たが、バックミラーが外の映像を表示するディスプレイになっていたり、サイドボードいっぱいに広がるディスプレイの表示を運転席と助手席で入れ替えられるしくみや、視線を落とさずに操作できるジョグダイヤル風コントローラー、各種エンターテインメント機能など、車内にはソニーらしさを実感できるポイントがたくさんあった。いくつかデモも見せてもらったが、中でも圧巻だったのが「360 Reality Audio」技術を用いたサウンド。「360 Reality Audio」はその名の通り、360度全方位から包まれるような没入型の立体サウンド体験を実現するソニーの技術だが、クルマという閉じた空間はまさに音に包まれるのに最適な場所と言える。展示車では前列シートのみ実装されていたが、4シーターの座席それぞれのシート内にスピーカーを搭載することで、個別に立体サウンドを体験できるという。

「今後数年でクルマはよりつながり、自動化され、シェアされ、電気化され、社会環境に大きな影響を与える」とソニーの吉田社長。ソニーはCESのプレスイベントでこのほか、PlayStation 5(PS5)のロゴなどもお披露目している。

「VISION-S」には13個のカメラを含む33個のセンサーが配置されている。自動走行、自動パーキング、自動車線変更など、自動運転Level 2+相当の運転サポートが可能で、さらにアップデートによって、特定条件下で完全自動運転を実現するレベル4相当への対応を目指すとのこと。

大きさは全長4895×全幅1900×全高1450mm、ホイールベース3000mm、車両重量2350kg。定格出力200 kW x 2 (フロント/リア)、加速性能4.8秒 0–100km/h、最高速度240 km/h、四輪駆動。

ラウンド状のフォルムやキャビンのデザインテーマは「OVAL(楕円)」。カメラやセンサーも楕円形の車体にシンメトリーに配置されている。

クルマとスマホがスムーズに連携。スマホで聞いていた音楽を引き続きクルマで聞いたり、スマホで調べた地図を運転席のディスプレイに表示できるほか、鍵のロックやロック解除もスマホから。スマホから今居る場所まで自動運転で呼び出すことも想定。

ダッシュボードの端から端まで広がる「パノラミックスクリーン」を搭載。カーブした左右のディスプレイはサイドミラーの役割も果たす。ディスプレイはタッチ操作または、サブディスプレイをタッチパッドのように使って操作可能。助手席でナビを設定して運転席に表示など、画面を適時入れ替えられる工夫もされている。

バックミラーには、バックモニターの映像を映し出されるほか、必要に応じて映像の切り替えも可能。目視する前に接近する車や歩行者をセンサーが捉えてアラートで知らせるほか、ドライバーの表情や仕草もセンシングし、異常があればアラートで知らせてくれる。

視線を落とすことなく操作できるように、手元にはソニーらしいジョグダイヤル風のコントローラーも用意されている。なお、コントローラーは後部座席にもあり、後部座席から操作することも可能だ。

「パノラミックスクリーン」のメインメニュー。ナビゲーションのほか、音楽やビデオ、各カメラの映像もここからチェックできる。ほかにニュースや天気予報といったアイコンもあり、まるでスマホのホーム画面のようだ。

車載カメラの映像を自動編集し、BGMなどをつけて楽しめる機能も備えている。安全のための機能をエンターテインメントとして楽しむ、とてもソニーらしいコンセプトだ。

4シーターの後部座席にもそれぞれ専用のディスプレイが用意されていて、シートの内蔵スピーカーで異なるコンテンツを楽めるようになっている。

実際に走行も可能など高い完成度を誇る「VISION-S」だが、担当者によればあくまでもショーケースとして開発されたコンセプトモデルで、今後ソニーとして自動車そのものを手がける予定は今のところないという。ソニーは過去にもカメラ技術を用いて、窓がなくても周囲の映像を取り込み、運転ができる実験車両を公開しているが、世界最高峰のCMOSイメージセンサーなどを武器に、いよいよ自動運転への取り組みを本格化するようだ。

取材・文/太田百合子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。