人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

センターバーがボディカラーに変わった!SHOCKコンセプトカーのフロントデザインを採用したシボレー新型「カマロ」

2020.01.17

新型「シボレー カマロ」

GMジャパンは、アメリカを象徴する人気スポーツクーペ「シボレー カマロ」の最新モデルを発表。

また、洗練されたボディカラー、ラリーグリーンメタリックの限定モデル「シボレー カマロ HERITAGE EDITION」を同時に発表した。

新型「シボレー カマロ」は、2018年にラスベガスで開催された「2018 SEMA SHOW」に出展し、大好評だった「SHOCKコンセプトカー」のフロントデザイン(フロントバンパー&グリル)を採用。

センターバーをボディカラーに変更することで存在感を高め、シボレーのエンブレム、ボウタイの位置を変更した。

カマロのスポーティさ、精悍なイメージがさらに印象づけられている。また、GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」を標準装備し、トンネルなどGPSで測位できない環境でも自律航法を行なうことができる。

さらにエア注入時に適性空気圧をアラート音で知らせる新機能「タイヤフィルアラート」を標準装備に追加した。

「シボレー カマロ HERITAGE EDITION」は、ボディカラーに新色のラリーグリーンメタリックを採用したスペシャルモデルとなる。

カマロの栄光の歴史に敬意を表し、初代カマロで使われた同名のラリーグリーン色よりも深い、洗練された現代的な色合いで仕上げられた。

そして、クーペ専用デカールとしてホワイトパールラリーストライプを装備し、ひときわスポーティな印象に仕立てている。

内装色は、クーペには精悍なジェットブラックを、コンバーチブルには落ち着いたブラウン系のカラハリを組み合わせ、カマロのクールな魅力をより一層引き立てている。

SSモデルにはスポーティさを際立たせるブラックホイールを装備し、足元をスタイリッシュに引き締めている。

いずれも全国のシボレー正規ディーラーネットワークで注文受付を開始しており、納車開始は2020年夏頃の予定している。

メーカー希望小売価格(税込)は「シボレー カマロ LT RS」5,560,000円、「シボレー カマロ コンバーチブル」6,430,000円、「シボレー カマロSS」7,100,000円。

「シボレー カマロ HERITAGE EDITION」のメーカー希望小売価格(税込)は「LT RS」が国内販売台数30台で5,650,000円、「コンバーチブル」が20台限定で6,450,000円、「SS」が40台限定で7,480,000円となる。

関連情報:https://www.chevroletjapan.com/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。