人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

天板のE-Inkディスプレイに機能が満載!レノボの折りたためるパソコン「ThinkBook Plus」の本当にスゴいところ

2020.01.18

1月7日から1月10日まで行われた「CES 2020」。世界ナンバーワンPCブランドのレノボが〝ディスプレイを折りたためる〟『ThinkPad X1 Fold』とともに発表し、注目を集めていたのが『ThinkBook Plus』だ。

最大の特徴であるE-Inkディスプレイを採用した天板の詳細や、製品が開発された背景などについて、現地でのレビューや関係者らのプレゼンテーションをもとに紹介する。

Sanjeev Menon(Vice President, Worldwide SMB,Product Marketing, Accessories, Lenovo Intelligent Devices Group)

基本性能の高さと天板のE-Inkディスプレイをスタイリッシュに融合

『ThinkBook Plus』は13.3インチのフルHDディスプレイを搭載したラップトップPC。sRGBの色領域を100%カバーし、300ニットの輝度を誇ることから、表示される映像は色彩豊か。Harman社の音響技術を投入しており、ドルビーオーディオにも対応するなどサウンド面のクオリティーも抜かりなしだ。amazon alexa認証済みのスピーカーも備え、一部音声操作にも対応する予定。

無線LANはWi-Fi 6をサポートし、SSD 容量は256GB 、メモリーは8GB。HDMI端子のほかに3つのUSBを備え、そのうち2つはType A(USB 3.0)で、1つがType C(USB 3.1)。バッテリーは最長約10時間駆動。

重さが1.4kgのため、常に持ち歩くのにはやや向かないが、自宅内もしくはオフィス内で持ち運ぶには問題なく、スペックは十分といえよう。米国での販売予定は2020年3月で、想定価格は米国1,199ドル(2020年1月6日時点のレートで約13万1700円)から。

『ThinkBook Plus』における最大の特徴は、天板に10.8インチのE-Inkディスプレイを備えること。電子ブックリーダー『Kindle』にも採用されるE-Inkは、液晶や有機ELとは異なり、バッテリー消費が少なく、気兼ねなく常時表示しておけるのが特徴だ。

『ThinkBook Plus』のE-Inkディスプレイには、例えばPDFファイルが表示でき、閲覧するだけでなく、そこに注釈や取り消し線などを自由に書き込める。PDF形式のファイルのほかにも「Txt」「Mobi」「Epub」といったファイル形式のプレビューにも対応。一度に2ページをまとめて表示できたり、見ている環境などに合わせてフォントサイズを変更できたりするのも便利だ。さらには、着信したEメールや、あらかじめカレンダーに登録した予定なども確かめられる。

E-Inkディスプレイを使った手書きや閲覧がスムーズ!

『LENOVO PRECISION PEN』と呼ばれる付属のスタイラスペンを使えば、イラストや図を描くのが思いのまま。内蔵のマグネットにより本体側面に密着するようなっているのも便利で、本体と一緒に携帯すれば必要な時に別途探すような手間がない。スタイラスペンのグリップエンドには、ノートアプリのランチャーを起動するための便利なボタンを装備。消去、コピー&ペーストも側面のボタンで行なえるなど、実に多機能だ。

E-Inkのディスプレイには、日付、時間、天気、気温に加えて、ノートや電子書籍リーダーなどの機能を呼び出すメニューを用意する。実際にノートアプリでメモ書きのデモを見たところ、レスポンスの良さは想像以上。例えば、4096段階の筆圧を検知する専用のスタイラスペンで筆記した際には、実際に書いた感覚とE-Inkディスプレイに筆跡が残るタイムラグがほぼないように感じた。なお、ノートアプリで筆記する背景は、罫線、方眼、ドットといった6パターンから選べるようになっている。

ターゲットは若者世代。マルチタスクの向上が開発コンセプト

このようなE-InkのディスプレイをレノボのPCとして採用するのは、初めてのことではない。過去には『YogaBook』という製品で採用し、時にはキーボード、ある時にはペンタブレットのようなタッチディスプレイとして使えることを提案していた。そんな過去のモデルと『ThinkBook Plus』が大きく異なるのは、E-Inkのディスプレイを天板面に備え、メインディスプレイを閉じている時でも常に使えるようにしておけること。専用のスタイラスペンとの相乗効果により、使い勝手がさらによくなったといえよう。

こうした常時使えるE-Inkディスプレイを天板面に採用した背景には、レノボが働く世代の現状に着目している点にある。

「現在の全労働人口に関して、1995年以降に生まれた〝Z世代〟や、1980年から1995年に生まれた〝ミレニアル世代〟が、それぞれ24%、35%を占めるようになってきている。彼らは、最初からスマホを使いこなす世代ですが、複数の機器を使ったマルチタスクも行なっており、例えば、新しいPCのようなデバイスに対する期待感も持っています。そんな世代に向けて開発したのが『ThinkBook Plus』なのです」(Sanjeev Menon)

設定メニューには、8種類の壁紙を用意。好みに合わせてカスタマイズできる。PC内に保存している画像ファイルの表示にも対応し、壁紙としても設定可能だ。

Sanjeevいわく、彼らが行なっているマルチタスクにより、生産性の低下が見受けられることもわかってきているという。「調査結果によれば、仕事とともに行なうマルチタスクとして、私用のデバイスで個人的なメッセージやSNSの更新、オンラインショッピングなどが挙げられました。例えば、このようなマルチタスクによる生産性の低下で、1日当たり2.1時間もロスしている計算になります」(Sanjeev Menon)

現状では非効率といえる〝Z世代〟や〝ミレニアル世代〟のマルチタスクを、いかにすれば改善できるか……。そのひとつの解決策として製品化したのが、E-Inkディスプレイを天板面に備える『ThinkBook Plus』だったわけだ。

プライバシーや持ち運びの安全性も徹底

「例えば、ミーティング中にEメールのメッセージをチェックする場合、常時オンにしておけるE-Inkのディスプレイを見ればいいわけです。ノートPCを起動したり、スマホを取り出したりする必要はなく、ミーティングに参加しているメンバーの目を気にすることもありません。このことにより、ノートPCやスマホのバッテリーを無駄に減らさなくて済むことにもつながると考えています」(Sanjeev Menon)

E-Inkのディスプレイはセキュリティーに配慮し、オフにすることもできる。オフの状態から復旧する際は「指紋認証と電源を兼ねた側面のボタンを触れるだけ」(Sanjeev Menon)でいい。使い勝手のよさを含めて安全面も十分に考えられている。

E-Inkのディスプレイを保護するための専用ケースを用意。出し入れしやすいスリーブ状になっており、メインディスプレイも含めてしっかりと保護する。

天板面にサブディスプレイを採用し、似たようなコンセプトで開発されたノートPCが全くなかったわけではない。しかしそれは、あくまでも液晶や有機ELのサブディスプレイで、バッテリーなどの関係上、常時オンにして使えるものではなかった。その点をE-Inkというアプローチで使い勝手を向上させた『ThinkBook Plus』。どこまでマルチタスクの生産性が向上するのか。まだ未定の日本上陸後に改めて、じっくりと検証してみたい。

取材・文・撮影/田尻 健二郎

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。