人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8000rpmで610hpのパワーを実現!ランボルギーニからV型10気筒スーパースポーツカーの後輪駆動モデル「ウラカンEVO RWD」が登場

2020.01.17

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、次世代の V型10気筒スーパースポーツカーである「ウラカンEVO」をよりピュアにドライビングを楽しめる後輪駆動モデル「Huracán EVO RWD」(ウラカンEVO RWD)を日本初公開した。

ウラカンEVO RWDは、V10ランボルギーニの予測テクノロジーにさらなる進化をもたらし、ドライビング・アビリティとメカニカル性能がドライビングの楽しさを最大限に引き出す。

RDWはRear-Wheel Drive(後輪駆動)の頭文字であると同時にReWind to pure Driving pleasure(純粋な走りの愉しみに立ち戻れ)、さらには最もハイテクな原点への回帰を体現しており、ピュアなメカニカル・パフォーマンスというランボルギーニ本来のエッセンスに立ち戻ることも意味している。

また、ヒューマンマシンインターフェースもEVOから技術進化を遂げている。従来のボタンではなく、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配しており、これまでのウラカンにはなかったワンランク上の高度なコネクティビティを提供する。

イベントに登壇したJapan and South Korea Country Managerのフランチェスコ・クレシ氏は次のようにコメントした。

「ランボルギーニの歴史史上最も成功を収めている ウラカン・ファミリー の最新モデルであるウラカンEVO RWDは、ドライバーがパフォーマンスの中心となって、ドライビング・エクスペリエンスをコントロールできるモデ ルです。

ランボルギーニの技術の原点を思い出させるウラカンEVO RWDが新たに加わったことで、最高の ドライビングを求めるお客様や初めてランボルギーニに乗られるお客様など、多くの皆様に魅力を感じていただけることを嬉しく思います」

また、ウラカンEVO RWD Launch Managerであるヴィットリオ・ミラノ氏は次のようにコメントした。

「ウラカンEVO RWDは、再設計されたエアロダイナミクスや、新機能のP-TCS(パフォーマンス・トラクション・ コントロール)システムといった、ドライビング・アビリティとメカニカル・パフォーマンスが、ピュアなドライビング・ エモーションを呼び起こし、安全な車両のコントロールを可能にします。

車両重量わずか1389kgと軽量でありながら8000rpmで610hpのパワー、6500rpmで560Nmのトルクを実現。後輪駆動とダイナミック・ステアリングを搭載しドライビングの楽しさを最大限に引き出します。

また、アドペルソナム・プログラムでは無数 のボディカラーやインテリアの素材とカラーから世界に 台しかない自分だけのウラカン  をカスタマイ ズすることが可能です。」

日本国内でのデリバリーは2020年春以降から順次予定。日本での価格は2412万6941円(税抜)を予定している。

関連情報:https://www.lamborghini.com/jp-en

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。