人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドライバー1000人に聞いたマイカーの維持費、月間平均額は1万2400円で引き続き減少傾向

2020.01.15

車が日々の生活の中で欠かせない移動手段や、プライベートを豊かにするツールとなっている人は多いはず。

そんな「カーライフ」に関する調査がこのほど、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女1,000名を対象にした行われた。

なお本調査は、ソニー損害保険株式会社により、2019年10月16日~10月17日の2日間にわたって実施された。

1ヵ月あたりの車の維持費は昨年と変わらず 平均額は12,400円

自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女1,000名(全回答者)を対象に、年間走行距離を尋ねる調査が行われたところ、「3,000km超5,000km以下」(31.4%)や「5,000km超7,000km以下」(18.8%)との回答が多く、年間走行距離の平均は6,316kmだった。

男女別の年間走行距離の平均は、男性が6,799km、女性が5,833kmで、男性の平均走行距離のほうが966km長くなった。(図1)

2017年~2019年の年間走行距離の平均を比較すると、2017年6,018km、2018年6,361km、2019年6,316kmと、横ばい傾向に。(図2)

(図1)

(図2)

次に、1ヵ月あたりの車の維持費(※1)を尋ねる調査が行われたところ、「5,000円~10,000円未満」(33.9%)や「10,000円~15,000円未満」(22.1%)との回答が多く、平均額は12,400円(※2)となった。

主に運転している車のボディタイプ別の維持費の平均額は、軽自動車が最も平均額が低く10,400円で、次いで、コンパクトカーが10,600円だった。大型の自動車と比べ、小型の自動車のほうが維持費を抑えることができているようだ。(図3)

2017年~2019年の維持費の平均額を比較すると、2017年11,800円、2018年12,400円、2019年12,400円と、ほぼ同じ水準で推移していた。(図4)

(図3)

(図4)

(※1):保険料、ガソリン代・燃料代、駐車場代、修理代等のことで、税金、ローン返済、有料道路通行料は除く。
(※2):100円未満は四捨五入

ドライバーが負担に感じるもの TOP3「車検・点検費」「自動車税」「ガソリン代・燃料代」

続いて、車の諸経費で負担に感じるものを複数回答で尋ねる調査が行われたところ、「車検・点検費」(68.8%)が最も多く、次いで、「自動車税」(63.8%)、「ガソリン代・燃料代」(53.5%)、「自動車保険料」(51.2%)、「修理代」(23.2%)、「駐車場代」(22.6%)となった。

居住地別(※3)にみると、「駐車場代」は都市部では39.6%と、地方(19.6%)に比べて20.0ポイント高くなっている。

都市部のほうが地方に比べて地価が高く、駐車場代も高くなりやすいためか、都市部のドライバーほど負担に感じやすいようだ。(図5)

(図5)

2010年~2018年の調査結果と比較すると、「ガソリン代・燃料代」は2018年(58.7%)までの上昇傾向から一転、減少に転じた。2018年に高騰したガソリン価格が2019年になって落ち着いてきたことが背景にあるのではないだろうか。(図6)

(図6)

(※3):市・区における人口ランキングの上位都市である、北海道札幌市、東京都23区、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市、福岡県福岡市を「都市部」とし、それ以外を「地方」とした。

車にかかる費用の節約方法 1位は?

全回答者1,000名を対象に、普段、車にかかる費用を節約するために行っていることを複数回答で尋ねる調査が行われたところ、1位「ガソリン価格の低いガソリンスタンドを利用する」(45.7%)、2位「燃費が良くなる運転を心がける」(33.9%)、3位「洗車を自分でする」(28.3%)、4位「提携カードでガソリン代を払う」(23.5%)、5位「トランクに荷物を積み過ぎない」(21.4%)となった。少しでも安いガソリンスタンドを利用して節約しているという方が多いようだ。(図7)

(図7)

車関連費用の節約のために今後行いたいこと 「自動車保険を見直す」は3位

また、2019年の10月に消費税率が8%から10%に引上げられたが、今後、もしくは今後も、車にかかる費用を節約するために行いたいことを尋ねる調査が行われたところ、1位「燃費が良くなる運転を心がける」(40.7%)、2位「ガソリン価格の低いガソリンスタンドを利用する」(40.6%)、3位「自動車保険を見直す」「洗車を自分でする」(同率24.0%)、5位「トランクに荷物を積み過ぎない」(22.6%)となった。

車検・点検費や自動車税と比べ、補償の内容や保険会社を見直すことで費用を抑えることが可能な自動車保険に関する節約が3位になり、増税をきっかけに自動車保険を見直したいと考えている方が少なくないことがうかがえる。

また、これまで行ってきた節約と同様、ガソリン価格の低いガソリンスタンドを利用したり燃費が良くなる運転を心がけたりといった節約方法が上位に挙がった。(図8)

(図8)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。