人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「男らしくあらねばならない」と思う男性ほど、ストレスが溜まりやすく肉食になってしまう理由

2020.01.17

性差別観を持つ女性にメンタルヘルスのリスク

“男らしさ”にこだわる男性にさまざまなリスクがあることが指摘されているのだが、話が女性に及ぶと少し事情は異なってくる。

 女性の側からの性別観(sexual discrimination)は、女性優位主義としてあらわれることはあまりなく、社会生活における男女差を強く感じることでどちらかといえば差別されていると感じるケースが多いようだ。そしてこうした性別観が男性とはまた違ったメカニズムでメンタルヘルスに悪影響を及ぼしているという。

 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが2019年9月に「Health Psychology」で発表した研究では、3000人近いイギリス人女性を4年間追跡した調査で、性差別(sexism)とメンタルヘルスの関係を探っている。

MedicalXpress」より

 収集したデータを分析した結果、性差別を強く意識している女性は、うつを発症する可能性がそうでない者よりも3倍高く、4年の間でメンタルヘルスが悪化する可能性が高いことが浮き彫りになった。女性にとって性差別的人間観はメンタルの健康に悪影響を及ぼしていることが明らかになったのだ。

 女性たちはどこで男女の差を感じているのか。最も多いのが街の路上で77%の女性が報告しており、次いで公共交通機関(39.9%)、バス停または駅周辺(38.9%)であった。一方で学校または職場(12%)、家庭(10.5%)は低くなった。

 また経済的に裕福で、教育水準が高く、白人の女性がそれぞれにおいてそうでない者より強く男女差を感じていることも判明した。

 研究チームは単なる人権の問題ではなく、女性のメンタルの健康の面からも、社会から性差別をなくさなければならないと指摘している。“男らしさ”も“女らしさ”もあまり意識せずに過ごせる社会が求められているのだろう。

文/仲田しんじ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。