人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

7インチタッチパネルモニターの対面式だから便利!53の言語に対応するユニオン電子工業の業務用AI翻訳機「Perico PRO」

2020.01.14

横18センチ×奥行17センチのコンパクトサイズに設計された「Perico PRO」

コンシューマーゲーム機のコントローラーを企画開発、 製造を行なってきたユニオン電子工業は、 53言語に対応した、 7インチのタッチパネルモニターが対面で一体となったAI翻訳機「Perico PRO」を2月上旬より発売する。

2019年3月に観光庁が発表した受入環境について訪日外国人旅行者にアンケート調査(調査期間:平成30年11月~平成31年2月、 n=4037、 調査場所:成田国際空港・東京国際空港・関西国際空港・福岡空港)によると、 旅行中に困ったことが無いか(複数回答可)という問いに対し「困ったことは無かった」が36.6%でトップではあるが、 次いで「施設のスタッフとのコミュニケーションが取れない」が20.6%(「無料公衆無線LAN環境」が18.7%、 「公共交通の利用」が16.6%)と、 約2割の外国人が“言葉”によるコミュニケーションに困っていると回答した。

しかし今後外国人の増加に伴い、 人手不足等の背景からも接客への負担が増加する可能性もあり、 良い接客をする上でも、 “言葉”の負担軽減は必要不可欠だ。

今回、発売する「Perico PRO」は、 2019年6月に発売したハンディータイプのAI翻訳機「Perico」の業務用に改良した後継機で、 設置して利用する対面式AI翻訳機。

53か国に対応、 世界水準のAI翻訳エンジン「ニュアンス」等を搭載(Wi-Fi環境が必要)。

受付や窓口の営業スペースの邪魔になることを極力避けるために、 横18センチ×奥行17センチのコンパクトサイズに設計、 フル充電後連続で2時間利用できるため、 窓口を移動して利用することも想定している。

また実際に訪日外国人とやり取りしたトーク履歴を転送する機能「トレーニングモード」(専用アプリ)があり、 QRコードをスマホで読み込むことで、 研修での活用やスタッフ個人が復習することも可能。

また「Perico PRO」にはスクリーンセーバー機能が付いており、 操作していない時は電子ポップに早変わり。 スタッフが受付不在の際に、 メッセージなどを表示させることも可能で、 現場での利用を意識した業務用翻訳機となっている。

ユニオン電子工業では、 ホテル、 病院、 レンタカー店、 飲食店などを中心に販売を強化し、 2020年夏までに500台の販売を見込んでいるという。

専用アプリをダウンロードすればスマホで「トレーニング」が可能



電子ポップの画像は、パソコンやスマホに繋いで簡単にアップロード可能(タイプCのUSB接続)

対面式AI翻訳機「Perico PRO」の概要

製品名:対面式AI翻訳機「Perico PRO」
価格:希望小売価格128,000円(税別)
販売店:大手家電量販店、 Amazon、 自社ECサイトなどを予定
販売元:ユニオン電子工業株式会社

本体寸法:W183×D171×H164mm
本体重量:960g
液晶ディスプレイ(両面):7インチ×2 / 1024×600 pixel / タッチパネル
電池:リチウムイオン電池 3.7V/5000mAh
スピーカー出力:3W×2
マイク:ノイズキャンセル機能付き、 360°無指向性マイク
充電端子:USB Type-C(充電、 データ転送)
OS:Android 9.0
CPU:A50、 Quad-core ARM Cortex-A7 @1.5GHz
GPU:Mali-400 MP2、 600MHz
RAM:DDR3 1GB
ROM Flash:Nand Flash 16GB
画像データ:BMP、 JPG、 GIF、 PNG
Wi-Fi:2.4GHz / 5GHz
Bluetooth:4.0サポート
翻訳言語:53言語
技適マーク:技術基準適合証明等のマークあり

「Perico PRO」ウェブサイト: https://union-pericopro.com/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。