人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

32km/ℓの低燃費を900kg台の軽量ボディとハイブリッドで実現したスズキ「スイフト HYBRID SL」

2020.01.22

走りを重視するスズキらしいハイブリッドといえるのが、『スイフト HYBRID SL』だろう。32km/Lの低燃費を900kg台の軽量ボディで実現する、実はスゴくて面白いハイブリッド車なのだ

スズキ『スイフト HYBRID SL』のハイブリッドの仕組み

駆動用モーター「MGU」と1.2Lのガソリンエンジンの2つのパワーに、スポーティなAGS(オートギヤシフト)を搭載する、『スイフト HYBRID SL』。

MGUのみでのEV走行が可能となるのはもちろん、加速時にアクセルを強く踏み込むとエンジンの出力にモーター出力を上乗せして力強くアシスト。伝達効率の良いAGSとの組み合わせで、低燃費と力強い走りを両立する。

また、充電や電力供給のためのパワーパックは荷室の下に収納。室内空間の犠牲を最小限にとどめる。

スズキ『スイフト スイフト HYBRID SL』の駆動用モーター

高効率なモーターを使用し、単体で最高出力10kW、最大トルク30N・mを発生する。もちろん、低回転から強いトルクを発揮するので、なめらかな発進・加速が可能となる。

形式:PB05A
種類:交流同期電動機
最高出力:10kw(13.6PS)/3185〜8000rpm
最大トルク:30N・m(3.1kg・m)/1000〜3185rpm

スズキ『スイフト HYBRID SL』のエンジン

K12C型デュアルジェット エンジンを搭載。圧縮比を12.0から12.5まで上げて熱効率を高めた1242cc自然吸気エンジンは、混合気の最適化や冷却性能の改善などの最新技術で不要なノッキングを抑える。

また、低回転域でのトルクを高めながら、軽量化・コンパクト化やフリクションの低減などの改良により燃費性能と力強い走りを両立するエンジンとなっている。

形式:K12C型
種類:水冷4サイクル直列4気筒DOHC16バルブ吸排気VVT
総排気量:1242cc
圧縮比:12.5
燃料供給装置:EPI(電子制御燃料噴射装置)
最高出力:67kW(91PS)/6000rpm(ネット)
最大トルク:118N・m(12.0kg・m)/4400rpm(ネット)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:37L

スズキ『スイフト HYBRID SL』のトランスミッション「AGS」

MTとATの利点を兼ね備えたトランスミッションがAGSだ。クラッチとシフトの操作をコンピューター制御して、MTに匹敵するダイレクト感のある走りが堪能できる。

さらに、MGUの回転速度を減速し、トルクを増幅させて駆動軸に伝えることで、力強く走行する「減速機」を搭載する。

スズキ『スイフト HYBRID SL』のリチウムイオンバッテリー

100Vの高電圧リチウムイオンバッテリーとインバーターを組み合わせたパワーパックは、MGUへ電力を供給したり、MGUで発電した電気を充電できる。

コンパクト設計のため荷室下のスペースに収まり、室内空間のゆとりを確保する。

種類:リチウムイオン電池
個数:28
容量:4.4Ah

スズキ『スイフト HYBRID SL』の2つの走行モード

ハイブリッド走行時はエコモードスイッチひとつで、状況に応じた2つの走行モードに切り替え可能。

【標準モード】と【エコモード】を切り替え

標準モードは加速感のあるキビキビとした走りが楽しめ、エコモードでは、EV走行の頻度を上げて、エコドライブを重視する。

スズキ『スイフト HYBRID SL』のハイブリッド専用デザイン

高性能なハイブリッドシステムを搭載する『スイフト スイフト HYBRID SL』は、その先進性を表現するかのような、洗練された外観と室内装備を持つ。それらを順に見ていこう。

ハイブリッド専用のフロントグリル

クロームメッキ加飾付のフロントグリルを採用。

ハイブリッド専用メーター

ブルーの加飾を施したシフトノブやブルーのイルミネーションを持つメーターを採用。

MGUの作動状況が一目でわかるモーターパワーメーターや、平均燃費など様々な情報を表示するカラー表示のマルチインフォメーションディスプレイが美しい。

パドルシフトとAGSとの組み合わせ

ステアリングホイールに付属するパドルシフトを操作すると、AGSならではのダイレクト感のある走りを存分に味わえる。指先での素早いシフトアップ/ダウンが可能で、操縦する楽しさが実感できるはず。

スズキ『スイフト HYBRID SL』の燃費は?

気になる燃費消費率をJC08モードで確認してみよう。

『スイフト HYBRID SL』

2WD・5AGS:32.0km/L

スズキ『スイフト HYBRID SL』のサイズ・重量・タイヤサイズ

『スイフト スイフト HYBRID SL』

全長:3840mm
全幅:1695mm
全高:2WD車1500mm ※ルーフアンテナを除く
室内寸法:長さ1910mm×幅1425mm×1225mm
ホイールベース:2450mm
車両重量:2WD・5AGS車960kg
乗車定員:5名
タイヤサイズ:185/55R16

スズキ『スイフト HYBRID SL』の価格

『スイフト HYBRID SL』

2WD・5AGS 198万5500円〜

スズキ『スイフト HYBRID SL』の中古車相場

現行型『スイフト HYBRID SL』の中古車相場を、大手中古車販売サイトで確認してみた(2019年12月末時点)。

『スイフト HYBRID SL』は13台掲載されていて、最安値は2017年式・走行距離1万9000km・シルバー・2WD・5AGSの『スイフト HYBRID SL』で、価格は119万8000円となっていた。

一方、最高値は2019年式・走行距離3000km・シルバー・2WD・5AGSの『スイフト HYBRID SL』で、価格は176万2000円となっていた。

【参考】スズキ スイフト

※データは2019年12月下順時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。