人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3年連続で小売業の倒産が増加傾向、ECサイト業者との競争激化やインバウンド需要の減少などが要因に

2020.01.16

小売業者は近時、ECサイトを運営する業者との競争激化や、これまで売り上げを支えてきたインバウンド需要が中国経済の減速や日韓問題の過熱などから減少傾向にあり、厳しい状況が続いている。

加えて、10月1日から消費税率が10%になり、政府は対策として軽減税率やポイント還元などの施策を講じているが、増税を機に廃業を検討する業者が増加しており、その結果倒産に至るケースも聞こえてきている。

そんな中、帝国データバンクは2008年度以降の小売業者の倒産動向(負債1000万以上、法的整理のみ)について、集計・分析を実施した。今回は調査結果を抜粋して紹介しよう。

小売業者の倒産動向調査

2019年度上半期(2019年4~9月)の倒産件数は988件(前年同期比7.9%増)となり、3年連続で前年度比増加の勢い。負債総額は811億2200万円で、前年同期を大幅に下回っている。

負債規模別でみると、負債「1000万~5000万円未満」が738件で全体の約7割を占め最多。負債「1億~5億円未満」は131件で、年度上半期としては2014年度上半期以来の130件超えになっている。

業種別では、「飲食店」が375件で、過去10年で最多となっている2011年度の732件を更新する勢い。

地域別では、「関東」が304件で全体の約3割を占める。また、業歴別では、「30年以上」が273社で最多。次いで、「20年~30年未満」が続き、業歴20年以上の企業が4割超を占めた。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。