人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お正月に流れたテレビCMの露出が最も多かった有名人ランキング、3位斎藤工、2位ムロツヨシ、1位は?

2020.01.13

今年もあっという間に過ぎ去ったお正月。年末の疲れを癒すために、三が日は家でまったりテレビなど見て過ごしたという人も多いに違いない。

そんなお正月のテレビで、もっとも多く流れたCMは何なのだろうか。また、もっとも多くのCMに出演したタレントは、誰なのだろうか。

そこで今回、株式会社ビデオリサーチが、2020年1月1日~3日の間に関東地区でオンエアされたテレビCMの動向を取りまとめた「2020年お正月三が日のテレビCM動向」を紹介していきたい。

※「テレビCM速報」について
「テレビCM速報」とは、「テレビ広告統計※1」のオプションサービスで、最速でCM出稿翌日10:00頃のタイミングで「いつ」「どの局で」「何の(企業・商品)」CMが放送されたのか把握できるサービスのこと。翌日にCM出稿状況が確認できることで、出稿時点レベルでのGRP管理や競合社・競合ブランドのCM出稿状況をいち早く把握することが可能となる。

■2020年1月1日~1月3日 テレビCM動向一覧

今年の正月三が日では、企業数で625社(2019年:590社)、CM本数で11,572本(2019年:11,881本)のテレビCMが関東地区でオンエアされたが、これをそのCMに出演しているタレント別にみると、出演テレビCM本数が最も多かったタレントは「スズキ スイフト」や「スズキ クロスビ-」などのCMに出演していた「ももいろクロ-バ-Z」だった。

2位は同じく、「スズキ スイフト」や「スズキ クロスビ-」などのCMに出演していた「ムロツヨシ」、3位は「コ-ワ キュ-ピ-コ-ワαドリンク」や「桧家ホ-ルディングス」などのCMに出演していた「斎藤 工」となっている。

2位の「ムロツヨシ」は前年同時期でトップ20圏外となっており、今年の年始では大幅に出演CMの本数が増加している。(いずれも速報値で、番組宣伝CM等テレビ局のPRは除く)

企業別では、前年4位だった「興和」が2位以下を大きく引き離し、最も多く出稿している。なお、2位には前年1位の「ダイハツ工業」、3位は「スズキ」(前年2位)、4位は「本田技研」(同8位)と近年同様、自動車メーカーが上位にランクインする結果に。

また、前年ではトップ10圏外だった「ハウス食品」(同39位)、「小林製薬」(同35位)、「ハウスウェルネスフーズ」(同15位)がトップ10入りした。

商品・サービス別では、「コナミホ-ルディングス」のCMが前年に続き最多となった。2位には、こちらも前年同様「東建コ-ポレ-ション」がランクインし、3位以下を大きく引き離した。

なお、9位「スクウェア・エニックス 星のドラゴンクエスト」が前年からランクアップ(前年13位)。また、年末よりオンエア開始された「Lilith Games Rise of Kingdoms万国覚醒」が5位にランクインし、今年もオンラインゲーム関連CMの出稿が目立っている。

※1 テレビ広告統計 
ビデオリサーチのグループ会社である株式会社ビデオリサーチコムハウス※2が、関東・関西・名古屋の各地区において「いつ」「どの局で」「何の(企業・商品)」CMが放送されたのかを収集し、独自の基準によって取りまとめた国内最大のテレビCMに関するデータベース。ビデオリサーチがデータの提供を行い、ユーザニーズに応じて、月報(翌月)、週報(二週後)、テレビCM速報(オンエア翌日)など様々なタイミングで関連業界にて活用されている。

※2 株式会社ビデオリサーチコムハウス 
株式会社ビデオリサーチのグループ会社で、1969年の創設以来、CMデータをさまざまな角度から収集・分類・分析し、テレビ広告統計データとして提供。

出典元:株式会社ビデオリサーチ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。