小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

聖火リレーを走ってほしい有名人、男性1位はイチロー、女性1位は?

2020.01.12

パートナーを表す漢字 「優」がダントツ、男性回答3位は「美」

現在のパートナーに対して、どのようなイメージを持っている人が多いのだろうか。

パートナーがいる人(1,256名)を対象に、パートナーを漢字一字で表してもらう調査が行われたところ、「優」がダントツ、「愛」「楽」が2位となった。

男女別にみると、男性回答では、1位「優」、2位「愛」、3位「美」となった。それぞれの漢字を選んだ理由をみると、1位の「優」については「思いやりがあり、優しいから(70代)」、「すべてにおいて優れている(30代)」など、人柄の良さや能力の高さを挙げるコメントがみられた。

2位の「愛」については「愛している人だから(20代)」、「愛情に満ちあふれた人だから(50代)」などの理由、3位の「美」については「心も見た目も美しい(30代)」などの理由が挙げられた。

女性回答では、1位「優」、2位「楽」、3位「自」となった。1位の「優」を選んだ理由については、男性の場合と同様、優しさや優秀さを理由に挙げる人が多くみられた。2位の「楽」については「楽しくて一緒にいて楽だから(50代)」などの理由、3位の「自」については「自由な人だから(40代)」などの理由が挙げられた。

「今年の生活に満足」は37% 60代・70代女性では半数以上が「満足」

2019年の1年間については、どのくらい満足を感じているのだろうか。

全回答者(2,000名)を対象に、2019年の生活満足度を尋ねる調査が行われたところ、『満足している』は36.6%、『満足していない』は32.4%となり、『満足している』のほうがやや多くなった。

『満足している』を性年代別にみると、最も高いのは60代・70代女性(50.5%)、最も低いのは40代男性(18.0%)で、その差は32.5ポイントとなった。性別・年代によって、生活満足度に大きな差がみられた。

人生満足度を上げてくれたトレンド 「タピオカ」「ラグビーW杯」「キャッシュレス決済」

全回答者(2,000名)を対象に、人生の満足度を上げてくれた2019年の流行・トレンドを尋ねる調査が行われたところ、1位「タピオカ」、2位「ラグビーW杯」、3位「キャッシュレス決済・電子マネー」となった。

男女別にみると、男性の1位は「ラグビーW杯」。“ONE TEAM”をスローガンに掲げ、強豪チームに次々と勝利し、歴史的な快進撃をみせたラグビー日本代表の健闘に、心を動かされた男性が多いのではないだろうか。

女性の1位は「タピオカ」となった。2019年は次々とタピオカドリンクの専門店がオープンし、空前のタピオカブームとなった。“タピる”ことで、幸せな気持ちになった女性が多いのではないだろうか。

次に、2019年、人生の満足度を上げてくれたニュースについて尋ねる調査が行われたところ、1位は同率で「ラグビーW杯で日本代表がアイルランドに勝利」「『令和』に改元、新天皇陛下即位」(いずれも22.8%)、3位は「全豪テニスで大坂なおみが優勝」(17.9%)となった。世界の舞台でのアスリートの活躍が、多くの方の人生に満足感をもたらしたようだ。

印象に残っている“令和最初の●●”とは? TOP3は「令和婚」「旅行」「消費税増税」

新しい時代“令和”がスタートし、メディアでは“令和最初の●●”という言葉が多く用いられた。また、生活の中の何気ない場面が“令和最初の●●”として記憶に残っている人は多いのではないだろうか。

そこで、全回答者(2,000名)を対象に、印象に残っている“令和最初の●●”について尋ねる調査が行われたところ、1位「令和婚」、2位「旅行」、3位「消費税増税」となった。

詳しい内容をみると、1位の「令和婚」については「会社の後輩が令和初日に入籍した(50代女性)」、「芸能人の結婚が多かった(40代女性)」などの回答がみられた。身近な人の結婚、有名人の結婚が印象に残った人が多いようだ。

幸せな気持ちになった有名人の令和元年婚 「山里亮太・蒼井優夫婦」がダントツ

2019年は芸能人の“令和元年婚”のおめでたいニュースを多く耳にした。

全回答者(2,000名)を対象に、“令和元年婚”をした有名人のうち、結婚の発表を聞いて“自分も幸せな気持ちになった”と感じた夫婦は誰か尋ねる調査が行われたところ、「山里亮太・蒼井優」(30.9%)がダントツとなった。

次いで、2位「小泉進次郎・滝川クリステル」(9.6%)、3位「窪田正孝・水川あさみ」(9.4%)となった。結婚発表や記者会見での様子が印象的だった山里亮太・蒼井優から、幸せのおすそ分けをもらった人が多いのではないだろうか。

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて準備したこと 1位は「チケット申し込み」

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催まで1年を切った。そこで、全回答者(2,000名)を対象に、東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けて準備したことを尋ねる調査が行われたところ、1位「チケットの申し込み・購入」、2位「情報収集(開催地や日程、ルールなど)」、3位「テレビの購入(大型、4Kなど)」となった。

オリンピック・パラリンピックでは、どのような競技に注目している人が多いのだろうか。

全回答者(2,000名)を対象に、東京2020オリンピックで注目している競技を尋ねる調査が行われたところ、1位「陸上競技」(29.7%)、2位「水泳」(27.2%)、3位「野球・ソフトボール」(22.4%)、4位「柔道」(20.1%)、5位「体操」(19.3%)となった。トラック競技やマラソンなどの種目がある、陸上競技に注目している人が多いようだ。

男女別にみると、男性の1位は「野球・ソフトボール」(29.6%)、女性の1位は「水泳」(30.8%)となった。

東京2020パラリンピックで注目している競技を尋ねる調査が行われたところ、1位「陸上競技」(29.7%)、2位「水泳」(27.2%)、3位「柔道」(20.1%)、4位「卓球」(18.9%)、5位「バドミントン」(15.9%)となった。車いすや義足使用、視覚障がいなど、障がいの種類や程度、運動機能などに応じてクラス分けされて行われる陸上競技に、注目している人の割合が高くなった。

また、パラリンピック特有の球技である「ボッチャ」は8位となり、ラグビーワールドカップが注目されたためか、「車いすラグビー」が9位となった。

聖火リレーを走ってほしい! 男性有名人1位「イチロー」、女性有名人1位「綾瀬はるか」

全回答者(2,000名)を対象に、聖火リレーを走ってほしいと思う有名人を尋ねる調査が行われたところ、男性有名人では1位「イチロー」、2位「嵐」、3位「武井壮」、女性有名人では1位「綾瀬はるか」、2位「高橋尚子」、3位「浅田真央」となった。

それぞれについて選んだ理由をみると、「イチロー」については「日本を代表するアスリートだから(50代女性)」、「長年頑張ったから(60代女性)」などの回答が挙げられた。

メジャーリーグで長きにわたって活躍したイチローを、聖火ランナーにふさわしいと考える人が多いようだ。「綾瀬はるか」については、「オリンピックのイメージがある(20代女性)」、「見ているだけで元気がもらえる(50代女性)」などの回答が挙げられた。

注:本調査レポートの百分率表示は小数点第2位で四捨五入しているため、
合計しても100%とならない場合がある。また、属性別集計において抜粋して表示している場合は、n数を合計しても全体と一致しないことがある。

※PGF生命調べ

<調査概要>
◆調査タイトル :人生の満足度に関する調査2019
◆調査対象 :ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする
全国の20~79歳の男女
◆調査期間 :2019年10月9日~10月11日
◆調査方法 :インターネット調査
◆調査地域 :全国
◆有効回答数 :2,000サンプル
(有効回答から性別×年代区分が均等になるように抽出)
◆調査協力会社 :ネットエイジア株式会社

出典元:PGF生命

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。