人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発酵ブームが引き金に!今年のグルメトレンドキーワードは「ジューシーな酸味」

2020.02.07

『ヤシの新芽』

2020年の食トレンドは〝ジューシーな酸味〟

東龍さん

グルメジャーナリスト  東龍さん
美食、トレンド、食の在り方から飲食店の課題まで独自の切り口で取材、執筆。(一社)日本ブッフェ協会代表理事。

「今や発酵ブームは世界的に広がり、健康=酸味がトレンドに。2020年は酸味をおいしく食べられるジューシーな料理に注目です!」と、話すのはグルメジャーナリストの東龍さん。

 そして、2020年は2019年に続き世界的なスポーツの祭典の開催地となる東京に、訪日観光客が大勢やってくる。

「アフリカ勢や南米のマラソン選手の活躍も期待され、いまだ知らぬ北アフリカ以外のアフリカ料理、さらに、経済大国として勢いのあるブラジル料理も盛り上がりそうです。多くの菜食主義者が訪れることも見込まれるため、精進料理から転じた和のビーガンも脚光を浴びますよ! ヘルシーなおいしさに注目です」

【TREND 1】アフリカ

しっとりとした炊き込みご飯やクスクスと、煮込みが好相性。

熱帯音楽酒場ロス・バルバドス

住所:東京都渋谷区宇田川町41-26パピエビル104

 豆や葉野菜が多く、思いのほかヘルシーなのがアフリカ料理。『プーレ・ヤッサとクスクス』はジューシーさと酸味が相まって食が進む。

「アフリカは南米やヨーロッパとのつながりも深い。数年前にコンゴを訪れた際に現地の食の豊かさに接し、日本では珍しいサハラ以南のアフリカ料理に特化しました」(店主の上川夫妻)

 10席のカウンターのみの店内は様々な国籍の客で連日にぎわう。ベジタリアン、ビーガンも多い。

ガーナやナイジェリアで愛されるご飯

『ヴェジタリアンのジョロフライス』『ヴェジタリアンのジョロフライス』1500円(税込み)

豆と野菜の炊き込みご飯。肉の代わりに豆煮込みやプランティン(揚げバナナ)を添えることも。ビーガンもOKだ。

西アフリカの鶏肉のレモン煮込み

『プーレ・ヤッサとクスクス』『プーレ・ヤッサとクスクス』1350円(税込み)

サハラ以南によくあるピーナッツのシチュウ

『マフェとチェレ』『マフェとチェレ』1450円(税込み)

【TREND 2】ブラジル

ブラジル料理はシュラスコだけじゃない!ブラジリアンバルで1杯が合言葉。

ボテッコ ボンフルート

住所:東京都中央区日本橋人形町2-1-7リビオ日本橋人形町105

 2019年2月、シュラスコ以外のブラジル料理と肉を謳ってオープン。オーナーの山田哲平さんは現地に4年半住み、ブラジル人シェフと共に作ったレシピも多い。ヤシの新芽(パルミット)は、ブラジルではサラダとしてよく食べられる食材。「ホワイトアスパラガスと筍を合わせたような独特の食感で、日本人にも好まれるはず」(東龍さん)

独特の食感で癖になる味わい

『ヤシの新芽』『ヤシの新芽』650円

ブラジル北部代表のエビの煮込み

『エビのブラジル風煮込み〝ムケッカ〟』『エビのブラジル風煮込み〝ムケッカ〟』1380円

濃厚なエビだしのムケッカとワインの口中マリアージュでジューシーな酸味に!

【TREND 3】ビーガン

野菜が本来持つエキスにジューシーさとやさしい酸を感じる。

ヴィーガンレストラン菜道(さいどう)

住所:東京都目黒区自由が丘2-15-10

「ベジタリアン向けレストラン検索サイトの大手『HappyCow』で、11万店以上の中から日本の『菜道』がベストビーガンレストランに選ばれました。和のビーガンや精進料理が脚光を浴びそう」(東龍さん)

 菜道は菜食主義でなくても楽しめる「日本のB級グルメなビーガン料理」がコンセプト。麺や丼もあり、本格和食で食べごたえ十分。

夜は低糖質ワインやビーガン日本酒とともに!

『前齋盛り合わせ』『前齋盛り合わせ』1500円

ディナータイムは和食をタパススタイルで堪能できる。ビーガンワインもあり。

ギルトフリーな麺料理を存分に

『温齋麺』『温齋麺』1300円

取材・文/はまだふくこ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。